メ―メ―の株・投資ブログ

メ―メ―の株・投資ブログ

アラサー兼業投資家。2019年12月に株式投資を始めるもコロナショックを経験!試行錯誤して今に至る。 初心者でもわかる投資に関する役立つ情報を発信していきます!

投資を始めるのにおすすめな本3選【基本からマインドまで学ぶために】

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204080733j:plain

 

初心者の方で、証券口座を作ったもしくはこれから投資を始めたいが、何から勉強を始たらいいのかわからない。どんな本を読んだらいいのかわからない方の疑問に答える記事です。

 

2019年12月に株式投資を始め、その後コロナショックを経験し、それでも相場から退場せずにひたすら勉強を続けて2倍株を達成した僕が、初心者の方に読んでもらいたい本3選について紹介していきます。

そして、知識を得たらすぐに行動すべきです。投資であれば損失のリスクこそありますが、その先の利益を得なければ本代も赤字のままです。失敗は誰にでも起こりえるので、そこから学び新しい行動につなげていくことが大切です。

 

 投資初心者におすすめな本3冊

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204094343j:plain

投資初心者の方が学びやすいように順番も考えて3冊を厳選したので、次の順で読んでもらえたらと思います。

 

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版
 
株の雑誌Diamond Zaiが作った株の入門書です。この本はそもそも株ってなに?というとこから解説してあり、「日本のバフェット」と言われる竹田和平氏の投資に対する考えた方のコラムもあります。
また、テクニカル・ファンダメンタルの基礎的な指標はもちろんのこと、証券口座の開き方、買い注文、売り注文の出し方から解説してあり、投資を0から学ぶ時に理解しやすい1冊となっています。
 
12万人が学んだ投資1年目の教科書
 
この本は、12万人以上が学んだ投資の学校創業者である髙橋慶行氏の著書です。最初に投資家マインドを身につける重要性について説明があります。その後、テクニカルを中心にした記載があり、特徴的なのは初心者がつまずきやすい波動、ダウ理論グランビルの法則について詳しく解説してあります。そして、マクロ経済についても説明があり相場全体をわかりやすく学ぶことができます。
 
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 
 
3冊目は有名Youtuber髙橋ダン氏の最初の著書です。最初の2冊に比べると少し発展した内容の本ですが、最初の頃に読んでおいて損はない本です。むしろ投資に対する考え方が増え、今後の投資戦略の選択肢をふやすことができます。この本では、株・コモディティ・不動産など投資全般を説明しています。MACDストキャスティクスなどのテクニカル分析の使い方もわかりやすく解説してあります。そして、世界のお金持ちのデータをもとにマインドやライフスタイルをどうするべきかがとても参考になります。
 

本を使った勉強法、やるべき事

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204130821j:plain

本を買ったら当然読みこんでいきます。この時、ただ流し読みをするのではなく大切だと思ったとことには付箋やマーカーで線を引いたりしていきます。そして、手書きのノートでもwordでもいいのでまとめノートを自分なりに作ることが大切です。このまとめノートが今後、自分の投資のバイブルとなっていきます。

僕の場合ですと、下の写真のようにまとめています。ただ本を要約するのではなく、大事なところをピックアップして自分専用のノートを作っています。本にマーカーや付箋もつけているので、気になることがあったらすぐに振り返れるようにもしています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204133537p:plain

そして、最も大事なことは勉強して得た知識をアウトプットし、行動に移していくことです。最初にも述べましたが、投資であれば損失のリスクは当然ありますが、行動しなければその先の利益も手に入れることはできません。僕自身も含み損や損失を出しながらも勉強を続けることで2倍株を達成しました。「失敗から学び次に生かす」ことがとても大切だと思います。

 
あわせて読みたい
上の写真で載せた投資戦略の記事です。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

  

公開:2020年12月4日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】6777 santec、光技術を用いた5G関連銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130083413j:plain

この記事では独自の光技術を用いて事業展開し5G関連にも該当する6777 santecについて分析していきたいと思います。

本記事の内容

  • santecはどんな企業?
  • 同業他社との比較
  • 5G事業の今後の成長性
  • 令和3年度一般会計概算要求に該当?
  • テクニカル・ファンダメンタル分析
 
人々の自主性、創造性、豊かな個性が開花する、より人間中心の希望に満ちた高度情報化社会、平和で心温まる未来の理想郷を「オプトピア」の創造をsantecは目指しています。どのような事業展開をしているかみていきます。
 

santecとはどんな企業?

1979年創業のオプトエレクトロニクスメーカーです。光測定器(波長可変光源、検査測定装置)、光通信機向けの光部品(光コンポーネント、光サブシステム)を2本柱とする独自製品が多い企業です。
santecは1984年に世界初の「光ファイバー全自動検査システム」を開発、発売したのを始めとし、いくつもの「世界初」となる検査装置を生み出してきた。
この技術を応用して多くの光フィルタも開発してきた。近年は、光波長選択スイッチに着目しており、santec独自の液晶技術を応用して光通信の世界に新たな旋風を巻き起こそうとしている。
また、世界初となるSS-OCT製品も発売し、医療分野、工業用途において注目されている。
光の可能性は通信だけにとどまらず、医療分野を含む新たな光測定分野や光情報処理分野を開拓し、持続的な会社成長にチャレンジしています。
 

事業内容 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130102544j:plain

光部品関連事業

主に光通信関連の研究開発や生産活動に必要不可欠な光部品を開発、製造、販売する事業です。光モニタ光可変アッテネータ(減衰器)光フィルタを提供しています。

 

光測定機器関連事業

主に光通信市場向けの波長可変光源各種光測定装置を開発、製造販売する事業です。波長可変光源製品は世界中の大学や研究機関、光通信関連の製造会社で利用されています。

 

光イメージング・センシング関連事業

一般企業向けに販売するOCT光源およびOCTシステム製品、そして医療現場向けに販売している眼科医療機器を開発、製造販売する事業です。

 

同業他社との比較

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130184047p:plain

同業他社は多く存在し、そのほとんどが1900年代に上場し、時価総額数千億円以上になります。その中でもsantecの時価総額約230億円と小型に分類されます。独自の技術も多いので、時間はかかるかもしれませんが成長性が見込まれます。
 

5G事業の今後の成長性

矢野経済研究所は2020年7月31日、5G関連デバイス世界市場の調査結果を発表しました。2020年の同市場規模はメーカー出荷金額ベースで11兆889億円となり、2030年には約6.3倍の69兆5930億円に達すると予測しています(同調査では5G関連デバイスとして回路、基板、主要部品、デバイス、材料、評価システムなどが対象)。
2020年は5Gサービスの本格展開が見込まれていたが、新型コロナウイルス感染症の影響により設備投資が遅れています。一方で、新しい生活様式の推進により従来になかった活用機会が見込まれるなどのプラス要因も発生しました。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130183914p:plain

5G関連デバイス世界市場規模予測 出典:矢野経済研究所

 

令和3年度一般会計概算要求に該当?

 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130190659p:plain

出典:令和3年度一般会計概算要求・要望

令和3年度一般会計概算要求から「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」に該当する可能性があります。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130190725p:plain

出典:令和3年度 経済産業政策の重点

また、令和3年度 経済産業政策の重点では、サプライチェーン強靭化・サプライネットの構築」の中の「5G等の活用による製造業のダイナミック・ケイパビリティ強化に向けた研究開発事業」「医療機器等開発体制強靭化促進事業」に該当する可能性もあります。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

上記のことを踏まえて、ここから以下の記事の方法によりテクニカル・ファンダメンタル分析をみていきます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

①売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201201001207p:plain

出典:会社四季報 2020年4集

四季報の数値からわかるように売上、利益ともに年々増加傾向にあります。2022年の予想値と2018年の数値を比較すると売上は8000÷4609=約1.73倍、1株益は106.3÷47.3=約2.24倍と順調な成長が見込まれています。また、特徴的なのは毎年、営業利益<経常利益となっていることです。損益計算書から営業外収益が一定量あるため、経常利益が増加していると考えられます。

  

営業利益・経常利益のポイント
  • 営業利益とは、会社が本業で稼いだ利益のこと
  • 営業利益=売上総利益ー販売費及び一般管理費
  • 経常利益とは、本業と本業外で獲得した利益のこと
  • 経常利益=営業利益+営業外収益ー営業外費用
 
さらに、毎年の研究開発費が増額しているにも関わらずフリーキャッシュフローが毎年プラスです。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130204449p:plain

出典:santec
研究開発費が大きくなれば投資CFは当然マイナスですが、フリーキャッシュフローがプラスということは、それ以上に営業CFで利益を出せていることです。加えて、有利子負債が0なので経営状態はかなり良好です。
  

フリーキャッシュフロー の概念
「営業キャッシュフロー +投資キャッシュフロー=フリーキャッシュフロー」であり、これがプラスの場合は将来への投資以上に本業で現金を生み出している健全な状態です。

 

時価総額が小さい 

同業他社のほとんどは時価総額数千億円以上になります。その中でもsantecの時価総額約230億円(2020年11月30日)と小型に分類されます。

 

③配当を出している 

 配当は出しており、予想配当利回り1.05%です。

 

④上場10年以内

1979年8月25日設立で、2001年7月24日東証JASDAQ上場と10年以上経過しております。

⑤材料株か?

5G関連として、今後もニーズのある企業です。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130223507p:plain

出典:Treading View

ここ数年のsantecの週足チャートです。2019年より3回2400円にチャレンジしていますが、押し返されています。2020年からはコロナショックもありましたが、下値を切り上げながら、上昇しています。

今後は、業績の伸びとともに2400円をブレイクするかによって株価は転換点を迎えると思います。ちなみに2400円のレジスタンスラインと2020年の下値のトレンドラインを結ぶと2021年8月30日でクロスします。

 

⑦注目度が低い銘柄
アナリストレポートもなく、TwitterYahooファイナンス掲示でも書き込みは少ない注目度の低い銘柄です。
 
時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130224737j:plain

santecは四季報の数値からわかるように堅調な成長が予想されます。しかし、2019年から株価は2400円を超えれずに揉み合いを続けています。特にIRとか出す企業ではありませんが、新製品の発表や何か変化があれば上昇の可能性もある位置にいます。

また、予想PERは2021年4月で20.7、2022年4月で17.9です。予想EPSは21年3月で91.8円、22年3月で106.3円となっているため、これらから株価を計算すると以下のようになります。

  • 21年4月:91.8×20.7=1900円
  • 22年4月:106.3×17.9=1902円

このように計算した場合、現在の株価1930円(2020年11月30日時点)は妥当にあると言えます。ただし、PERが15倍に戻ると考えれば、今の株価は割高ではないのかとも言えます。

続いて、2021年3月期 第2四半期決算短信から貸借対照表を分析していきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201201003049p:plain貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

この表から、負債がかなり少なく、現金および有価証券もあるので健全な経営がされていることがわかります。現金も多くあることから年々、研究開発費を増やすことができ、有価証券もあるのでここから経常利益を底上げしていることも推察できます。

ただし、資産合計は約119億円であり、時価総額約230億円(2020年11月30日)で2倍となっているため、この点では割高と言えます。

⑨PSRによる評価

santecの時価総額は2020年11月30日では23,085百万円、2021年3月期の予想は売上高は7200百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:23,085÷7200=3.2

よって、PSRに関しては2019年の市場平均が1.1だったため、平均よりは割高と言えます。

⑩社長が大事

会社のホームページでは社長の写真もカメラマンに取ってもらったものが選ばれています。代表のメッセージでは「世界初」という言葉がよくみられ、santecの技術の独自性が伺えます。会社理念もオプトピアというかなり先の世界のことも想定している点が面白いと感じます。

なによりもホームページがシンプルでわかりやすいのが消費者にも投資家にもsantecのことを理解しやすいと感じました。

 

今後の成長性

 santecの株価は、計算してみると妥当な位置にあると言えます。しかし、独自性のある技術をもち、経営状態は良好で、フリーキャッシュフローも高いので業績の伸びとともに、株価2400円のレジスタンスラインを突破するのが楽しみな銘柄です。

 

santecについてはこちらでも紹介されています。 

 
昨年の本になりますが、オリンピックを想定した相場や銘柄に関する考え方が勉強になります。オリンピックは延期されましたので、改めて来年の参考の1つになると思います。
 
あわせて読みたい

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

公開:2020年12月1日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】3449 テクノフレックス、上場1年配管メーカーの成長性

f:id:me-me-kabu-toushi:20201123184824j:plain

この記事では、水道やガス管をはじめとした配管の金属加工技術を用いてさまざまな分野に事業展開する、3449 テクノフレックスについて分析していきたいと思います。

 

本記事の内容

  • テクノフレックスはどんな企業?
  • 同業他社との比較
  • テクノフレックスの特徴
  • テクニカル・ファンダメンタル分析
 
社会インフラに関わる企業で業績は安定と言われていますが、実際はどうなのかしっかりとみていきます。
 

テクノフレックスはどんな企業?

各種配管に用いられる 管継手のサプライヤーとして社会のインフラを支える企業です。
継手事業防災・工事事業自動車・ロボット事業介護事業を展開しています。各事業は、一見バラバラの分野に見えますが金属加工技術という共通点があります。そして、テクノフレックスは水道管の配管をはじめとし、LNGの配管、原子力発電所半導体工場、製鐵所、H-1ロケット(9号)に関わりライフラインを守り続けています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201123191405p:plain

出典:テクノフレックス

同業他社との比較

配管資材銘柄を下の表に示します。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201123195627p:plain

この関連銘柄の中では、モノタロウが断トツの時価総額です。テクノフレックスはまだ上場1年ですが時価総額は中堅的な位置にあります。最近はベトナムと新潟の新工場を作るようにしており、今後の成長性に期待できます。
 

テクノフレックスの特徴

テクノフレックスは継手事業防災・工事事業自動車・ロボット事業介護事業を展開しています。
 

継手事業

継手事業はさらにフレキシブル継手、伸縮管継手、真空機器に分類されます。

フレキシブル継手

SDF工法向けにフレキ管を提供し第1回インフラメンテナンス大賞(厚生労働大臣賞)を受賞しています。高度経済成長に作られた水道の老朽化は進む一方で管路更新は進んでいません。2015年で更新が必要な管路は13.6%に対し、更新率は0.74%です。そこで、掘り起こさずに補修ができるSDF工法は期待できる技術です。管路更新の推定市場規模は年間約1兆円と需要も見込めます。

 

伸縮管継手

石油・化学プラントなどのエネルギー関連、ガス・水道などのライフライン、製鉄プラントなどの大規模産業設備に提供している。地震や熱膨張などの様々な負荷から設備機器と配管を守ります。

 

真空機器

半導体関連へ提供している。この真空配管は、半導体のみならず様々な分野の工場ラインに設置され、また、医療用の診断装置にも使用されている。

テクノフレックスはマーケットシェアの拡大と新規分野への参入のための新製品の開発、製品ラインナップの拡充を図り、真空機器の更なる業績拡大を目指しています。

 

防災・工事事業

 防災・工事事業はさらに消防設備の配管工事、貯水機能付給水装置、水道管および電柱の切断装置に分類されます。

消防設備の配管工事

この分野では、スプリンクラーなどの消火設備の配管工事を行っており、この工事は3Qではもともと東京オリンピックの交通渋滞緩和のため工事を控える動きがありました。オリンピック中止になってっも工事は増えませんでした。個人的には来年もオリンピックによる影響のでる可能性はまだあると考えています。

日本のスプリンクラー設置率は米国と比較すると米国と比較するとまだまだ少なく潜在的なニーズはあると考えられます。

 

貯水機能付給水装置

配管に貯水という付加価値をつけた貯水機能付給水管装置(マルチアクア)を提供しています。災害などによる断水時に水の供給を確保します。これは、従来のペットボトルによる水の備蓄を必要としないため、水の使用期限を気にすることもなく、ペットボトル水の買い替えも必要ない、エコで便利な製品です。また、国土強靭化計画にも該当します。

 

水道管および電柱の切断装置

東京都が推奨する無電柱化に貢献しています。東京都の無電柱化率は2017年で5%未満とまだまだ需要が見込まれる分野です。

 

自動車ロボット事業

日本の大手ロボット業者4社と取引をし、多くの自動車メーカーで使用されています。

 

介護事業

コロナ禍でもレンタル事業は堅調に推移。福祉用具の販売および介護用住宅改修は、コロナ禍での個人住宅訪問が難しく、苦戦が続いています。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

f:id:me-me-kabu-toushi:20201124001417j:plain

上記のことを踏まえて、ここから以下の記事の方法によりテクニカル・ファンダメンタル分析をみていきます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

①売上および利益が成長している

 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201124192435p:plain

2020年4集の四季報の数値からは売上および利益は増加傾向にあります。2019年では中国経済の影響を受け、売上、営業利益、経常利益が減少しています。2020年3Qでは通期進捗率は、売上69.4%、営業利益58.0%、当期純利益51.4%とあり、通期では下方修正の可能性も考えられます。記事公開後、下方修正の発表がありました。その場合、2年連続、減収・減益という厳しい状況にもなりそうです。

四季報の予想値を参考にした場合、売上は21800÷18692=約1.16倍、1株益は112.4÷99.6=約1.12倍と微成長が見込まれます。インフラ関連であり、人材不足もあり急激な成長は難しい分野なのかもしれません。

 

時価総額が小さい 

 2020年8月17日では23,816百万円でした。11月24日では24,628百万円で小型に分類されます。

 

③配当を出している 

 上場前より配当を出しており、予想配当利回り3.59%です。結構高めなので機関か何かの要因によって株価を抑えられてるような印象を受けます。

 

④上場10年以内

2001年10月24日設立で、2019年12月10日東証二部上場とかなり若い会社といえます。

 

⑤材料株か?

マルチアクアは国土強靭化、半導体は5G関連と材料はある。

 
⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201124203317p:plain

出典:Treading View

上場1年のため週足でみていきます。コロナショックで一時は600円近くまで下落もその後は、1500円まで上昇し、2020年11月24日では1153円です。公開価格は900円だったので、この1年で株価は上下変動こそあったがあまり変化はなかったと言えます。通期の進捗率も怪しいのでしばらくはこの価格帯を上下すると思われます。

⑦注目度が低い銘柄
アナリストレポートはない、TwitterYahooファイナンス掲示の書き込みも少ない。注目度は低いと言えます。
 
時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201124210113j:plain

テクノフレックスは四季報の数値から、売上および1株益の5年成長率が約1.1倍なので、この1年間の株価の変動も妥当なものだと考えられます。
また予想PERは2020年12月で11.3、2021年12月で10.2と割安な予想にあります。予想EPSは20年12月で101.5円、21年12月で112.4円となっているため、PERは15倍に回帰するという考えのもと適正株価を計算すると以下のようになります。
  • 20年12月:101.5×15=1218円
  • 21年12月:112.4×15=1686円

このように適正株価を計算した場合、現在の株価1153円(2020年11月24日時点)はやや割安にあると言えます。

続いて、2020年12月期 第3四半期決算短信から貸借対照表を分析していきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201124223704p:plain

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

 資産を全体をみると負債が少なく健全な経営と捉えることができます。現金は割合的に少ないですが、インフラ関係の企業のため土地や機械など有形固定資産の割合が大きくなります。資産合計は約260億時価総額約246億とあまり差がなく、資産評価の点では株価は妥当と言えるでしょう。

2020年7月にベトナム新工場が完成し、2021年7月に新潟工場が拡張されます。今は積極的に事業投資を行っているので、これらが収益を生み出すようになれば変化が現れると予想できます。

 

⑨PSRによる評価

テクノフレックスの時価総額は2020年11月24日では24,628百万円、2020年12月期の予想は売上高は20,800百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:24,628÷20,800=1.18

よって、PSRに関しては昨年の市場平均と同等と考えられます。

 

 

⑩社長が大事

 会社のホームページの代表メッセージでは社長の写真が何度も出てくるのが強いインパクトを受けます。しかし、株主・投資家の皆様へのページでは、「2019年に上場〜感謝申し上げます。」とあり、1年前の出来事を書くよりも、コロナ禍や社会環境に応じたメッセージを書かれた方がいいかなと思いました。

また、上場記者会見では、中国やベトナムなどの海外での販売比率は6%であり、現地での品質に対する要求はまだ高くないとのこと。5〜10年経つと状況が変わってくるとみており、品質の重要性が脚光を浴びる時に販売を強化したいとのこと。そのようになれば株価上昇の追い風になる可能性も考えられます。

 

最後に

 ここまでテクノフレックスについていろいろ分析しました。今の株価については個人的に適正~やや割安にあるのではないかと感じます。インフラ関連企業のため、潜在的ニーズがあり、業績に関しては多少の上下変動はありますが、一定水準を保てるのではないのかと思います。

チャート的にはこの1年コロナショックもありましたが、いまはコロナ前とほとんど変わっていません。配当もあるのである意味では金より安定した資産ではないのかとも言えます。

上場後まだ1年で、同時期にIPOしたメドレーやフリーはすごい上昇しています。テクノフレックスは通期で下方修正のリスクがあり、記事公開後に下方修正の発表があり、暴騰させるような材料はみられませんが、四季報予想のような業績の伸びと共に株価も上昇してもらえたらと思います。

 

あわせて読みたい

 

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

公開:2020年11月26日 

更新:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】4251 恵和、Appleのサプライヤーチェーン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201117203340j:plain

この記事では、今年のはじめに5G関連で急騰後下落し、最近では東証一部昇格の可能性やAppleサプライヤーチェーンとして知られる高機能フィルムメーカーの4251 恵和について分析していきたいと思います。

 

本記事の内容

  • 恵和はどんな企業?
  • 同業他社との比較
  • KYOZINについて
  • Apple Clean Energy Program
  • クリーンエネルギー
  • 一部昇格か?
  • テクニカル・ファンダメンタル分析
  • 今後の成長性
 
いろいろな材料があるといわれ、国策にも関係する可能性がある企業なのでそれぞれしっかりとみていきます。
 

恵和はどんな企業

恵和は高機能フィルムメーカーで、顧客ニーズに合わせた先端機能フィルムソリューションを提供する企業です。
取り扱いは機能製品事業(33.7%)と光学シート事業(66.3%)です。機能製品事業は主に産業用部材で包装資材、工程紙、農業資材、クリーンエネルギー資材、インフラ関連資材が含まれます。光学シート事業はノートPCなどのディスプレイに使用されるシートで光拡散フィルム、高機能化学フィルム、複合拡散フィルムが含まれます。
また、この光学シート事業内の小型液晶ディスプレイ(スマートフォン用)は高級セグメントであり、一時5G関連のテーマ株として取り上げられ急騰の一要因になりました。この秋、5Gの商用サービスがスタートしましたので、スマートフォンの買い替えが進めば再度株価上昇の追い風になることも考えられます。
 

同業他社との比較

包装フィルム銘柄を下の表に示します。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201117232154p:plain

これら17銘柄は株探で包装フィルム関連として取り上げられています。そして、ここから見えてくる特徴は、老舗企業が多く、時価総額200億以下が多いことです。なかでも恵和は上場1年と最も若く時価総額約110億と平均的な位置にあるので、材料と売上や利益などの経営がしっかりと成長すれば、それに伴い株価上昇の可能性もあると考えられます。
 

KYOZINについて

コンクリート保護シートで、コンクリート表面に貼り付けることで、コンクリートの劣化を防ぎ、構造物の保護、延命化することができます。KYOZINを利用することで従来工法では4〜5日かかる工程を1日に短縮可能とされています。
これは、NEITS(新技術情報提供システム)にも登録されており、高速道路やビル、鉄道のコンクリート部分に生じる亀裂を補修する いわゆるコンクリートの絆創膏。修繕は人手や工期不足、現場の危険性などで大変な仕事ですが、あっという間に補修できるため注目が集まっています。
 

Apple Clean Energy Program

f:id:me-me-kabu-toushi:20201118223628j:plain

恵和は自然と産業の調和を想像する経営理念のもとCSRを重視してきたが「サプライチェーンの100%カーボンニュートラル達成」というAppleに賛同し、このProgramに参加しています。
そして、Apple2030年までにサプライチェーンの100%カーボンニュートラル達成をするものとしています。
ただし、恵和は“TBD reflects solutions not yet finalized.”とあり、まだどのような役割を果たすかは決まっていないようです。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201119133722p:plain

出典:令和3年度一般会計概算要求・要望
また、上記の令和3年度一般会計概算要求内の経済産業省の要望項目に「国内サプライチェーン強靱化支援事業及び海外サプライチェーン多元化等支援事業」とあり、来年度から国策として支援される可能性もあります。
 

クリーンエネルギー

機能製品事業における「クリーンエネルギー資材」の一例として、東京オリンピックパラリンピックに向けて開発される燃料電池の電池のガスケットが発行体の製品を基に作られ、2020年7月より量産出荷をしています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201119135903p:plain

出典:令和3年度資源・エネルギー関係概算要求のポイント

そして、この燃料電池車に関することも経済産業省の概算要求において次世代自動車の普及促進とあり、この分野も国策として支援される可能性があります。

 

Apple Clean Energy Program、燃料電池車より恵和はある意味で環境関連銘柄とも捉えることができます。そして、令和3年度に国策としても見直されれば、フィルム関連および環境関連として投資妙味は出てくるのではないでしょうか。

 

一部昇格か?

 恵和は大和証券東証一部昇格予想銘柄のなかで最高のトータルスコア6を獲得しています。また、以下に示す東証一部昇格基準を満たしています。

  1. 株主数:2,200人以上
  2. 時価総額:40億円以上
  3. 流通株式数:2万単位以上
  4. 流通株式比率:35%以上
  5. 流通株式:20億円以上

ただし、これらの条件を満たしていても昇格前によくみられる優待新設立会外分売株式分割がみられないので一部昇格はまだまだ先のことだと考えられます。

*11月27日に東証一部昇格のIR発表がありました。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

上記のことを踏まえて、ここから以下の記事の方法によりテクニカル・ファンダメンタル分析をみていきます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

①売上および利益が成長している 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201119183422p:plain

出典:会社四季報 2020年4集

四季報の数値からわかるように売上および利益は増加傾向にあります。ただし、2020年12月期の決算ではコロナ禍の影響により、売上およびEPSは一時的に下がります。また、3Qの決算から進捗率を計算する(×100は省略)と以下のようになります。

  • 売上高:10879÷15141=71.8%
  • 営業利益:853÷1025=83.2%
  • 経常利益:808÷992=81.5%
  • 当期純利益:677÷761=88.9%

このように3Qにしてかなり進行していると考えられます。そして、2020年12月期では会社四季報と会社予想を比較すると利益にかなりの差があります。これらのことから、本決算においても上方修正が予想されます。

2021年の予想値と2017年の数値を比較すると売上は15800÷14558=約1.08倍、1株益は124.8÷38.2=約3.26倍と順調な成長が見込まれ、利益率の高い事業が伸びていると思われます。2021年12月期では2020年と比較して売上の回復、利益の続伸が予想されるため、今後の材料にも期待が持てます。

 

時価総額が小さい 

 2020年8月21日では10,063百万円でした。11月19日では11,097百万円でまだまだ小型に分類されます。

 

③配当を出している 

 上場前より配当を出しており、予想配当利回り0.78%です。

 

④上場10年以内

1948年9月28日設立で、2019年10月30日東証二部上場とかなり若い会社といえます。

 

⑤材料株か?

一時は5G関連として、一時はコロナ禍のリモートワーク関連として取り上げられました。今後も光学シートの需要は引き続くと思われます。また、コンクリートの絆創膏にApple、クリーンエネルギーと様々なことが予想されます。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201119193806p:plain

出典:Treading View

いつもは月足で中長期的に評価していますが、上場1年のため今回は週足でみていきます。

2020年1月に1度急騰し、コロナも相まって急落しています。その後、底値形成のようなレンジ相場になっています。材料次第でまだまだトレンドが変わる可能性もあると思われます。

 

⑦注目度が低い銘柄
アナリストレポートはないが、TwitterYahooファイナンス掲示で気にされている方は書き込みがあります。しかし、書き込みも一時より少なくなり悲観的な方もみられ注目度は低いと言えます。
 
時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201119204714j:plain

四季報から恵和に関しては、業績の続伸、配当の継続があります。自己資本比率ROEROAは充分な値にあります。そして年々売上および利益を伸ばし、配当もありますが株価はレンジ相場にあります。また、四季報では新刊が出るたびに恵和の予想は改善されているので、徐々に見直しが入る可能性もあります。

予想PERは2020年12月で10.9、2021年12月で10.3と割安な予想にあります。予想EPSは20年12月で118.6円、21年12月で124.8円となっているため、PERは15倍に回帰するという考えのもと適正株価を計算すると以下のようになります。

  • 20年12月:118.6×15=1779円
  • 21年12月:124.8×15=1872円

このように適正株価を計算した場合、現在の株価1385円(2020年11月19日時点)は割安にあると言えます。ただし、過去の最高値は2967円であり、材料次第ではまだ株価急騰の可能性もあると考えられます。

続いて、2020年12月期 第3四半期決算短信から貸借対照表を分析していきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201119231243p:plain

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

負債が資産の半分以上を占めますが、自己資本比率は30%を超え平均的な値です。また、上場調達資金の一部を設備新設に変更していますので、負債が多くかつ土地の割合が多くなるのも納得できます。そして、新しい設備を作ることは将来的に新しい利益を生み出すことにもつながります。

ROEは予想で18.0%ROAは予想で6.4%と財務的にも問題はないと思われます。しかし、資産合計は約153億円に対し時価総額約110億円なので割安にあると言え、株価の上昇余地はここからもみえます。

 

⑨PSRによる評価

恵和の時価総額は2020年11月19日では11,097百万円、2020年12月期の予想は売上高は15,100百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:11,097÷15,100=0.73

よって、PSRに関してはやや割安と考えられます。

 

⑩社長が大事

会社のホームページから社長の写真もカメラマンに取ってもらったものが選ばれています。代表のメッセージを読んだ「ダイナミックドメイン」という言葉を作っているのが印象的で熱い方だと思います。そして、2度にわたる石油ショックバブル崩壊を乗り越えた経営力はこのコロナ禍でも発揮されるのではないかと思います。

光拡散フィルムも随一の実績があり、世界各国に関連企業もあるので今後の活躍が期待できます。

 

今後の成長性

f:id:me-me-kabu-toushi:20201120111937j:plain

成長戦略に関しては上場記者会見の際に社長がいろいろと述べていました。

まず、強みを生かせる分野に集中していくことと、構造物への絆創膏は凄いビジネスになると述べていました。まだ、NETISに登録した段階なので、期待が持てます。また、日本ならではのアドバンテージを活かした光学ビジネスでトップを走り、世界中の顧客の認知度を高めることで、高い信用が要求されるインフラビジネスの突破口としたいともありました。

定量的な目標では、事業を整理しながらあるタイミングで増収増益にしていきたいとあり、昨今のコロナ禍によりこのことはかなり進んだのではないかと考えられます。

経営戦略は、強みであるサプライチェーン全体に入り込んで顧客ニーズを把握する「ウルトラプレシジョンマーケティング」を用い、顧客のさらに先の顧客へと一気通貫でビジネスを提供することで、全体の動向がある程度見え、サプライチェーンの中の本来のボスが誰か分かります。そして、その人とコンタクトすることで、ミッションとしてなすべきことが明確になり、他社に先行した開発テーマの獲得につながるとも述べています。この戦略の1つがApple Clean Energy Programの参加だと考えられます。これもまだ始まったばかりのことなので、成長に期待が持てます。

このように、この1年を振り返ってみると恵和の絆創膏やAppleなどの計画はまだまだ始まったばかりだと感じられます。今後、新技術や企業の堅調な成長があるのではないかと思います。

 

最後に

今回は、恵和に関する様々な材料を検証し充分に期待できるものだと思いました(一部昇格に関してはまだ先だと個人的には思います→*11月27日に東証一部昇格のIR発表がありました。)。そして、株価はいろいろと計算しまして割安にあると感じました。上場1年という成長性×材料×割安がこの先のニューノーマルにおいてレンジトレンドを抜けて新たな相場を作ると面白いのではないかと思いました。

 

あわせて読みたい

 

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

公開:2020年11月20日

更新:2021年1月5日 

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】4486 ユナイトアンドグロウ、デジタル庁創設・DX推進による今後の成長性

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113095933j:plain

今回の記事では、シェアードエンジニアリングという独特の基幹技術を用いて、中堅・中小企業に対しIT関係の事業展開を行う4486 ユナイトアンドグロウについて分析していきます。

 

本記事の内容

  • ユナイトアンドグロウはどんな企業?
  • IT業界の将来性
  • IT業界の課題
  • 中小企業のデシタル化
  • デジタル庁とは?その影響
  • テクニカル・ファンダメンタル分析
 
コロナ禍もあり、ニューノーマルが進む社会の中、急激に変化するIT業界の背景も踏まえたうえで解説しています。
 

ユナイトアンドグロウはどんな企業?

 ユナイトアンドグロウは、シェアードエンジニアリングを基幹技術としてインソーシング事業セキュリティ事業を展開する会社です。
ITコンサルティングに近いサービスを提供することで、情報システム部門における必要な知識ノウハウを蓄積しサービス付加価値を向上させています。
人材派遣のようなアウトソーシングではなく、顧客企業から得られた知識を社員が共有するインソーシングは、独特の技術です。
主力のインソーシング事業は、中堅・中小企業の情報システム支援事業(例:システム活用コンサルティング、システム運用代行、システム担当者の育成・交流支援)を行います。そして、中堅・中小企業向けの同サービスは需要は高いが、収益化は困難のため同業他社はいません。よって、固有技術・サービスを有するオンリーワン企業と言えます。
 
中長期成長イメージにおいて、今はビジネス確立期を終えたとこで、IT人材のシェアリング高度化により、2021年度以降の成長拡大を目指しており、現在シェアード社員153人に対し、1000人を目指しているので、事業拡大・成長が期待できます。
 

IT業界の将来性

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113125954j:plain

IT業界は今後以下の3つの理由からまだまだ成長していくと考えられます。
 
①国内および世界のトップ産業がIT業界
国内のIT業界の市場規模は99.8兆円、全体の10%を占め最も大きいです。
世界の企業ではGAFAMが有名です。これは、GoogleAmazonFacebookAppleMicroSoftの5社をさし、一時東証一部の時価総額を上まわりました。
 
②様々な業界でITの需要が増加
ITを活用し、AIやIoTを導入することで、業務の効率化や課題の解決など業界全体を飛躍的に進歩させることができると考えられています。
 
③IT人材の需要が年々増加
経済産業省によるとIT人材の需要が2018年に109万人、2020年に129万人、2030年に164万人にまで増加する見込みです。
 

IT業界の課題

IT業界が成長するにつれて課題もでてきます。
 
 ①IT人材の不足
 IT人材の不足は現在約37万人から2030年には約79万人に拡大すると予測され今後さらに深刻化することが予想されます。
 
②SEの長時間労働
人手が不足すれば一人当たりの労働時間は長くなります。さらにIT技術の進歩や需要は止まらないため、SEの負担は日々増加していきます。また、下請けも多く、低賃金や長時間労働が顕在化しています。
 
こうした中で、ユナイトアンドグロウの時間と知識のシェアリングは非常に効率的に仕事ができ、かつ業界のニーズに応えていると言えます。
 

中小企業のデジタル化

①デジタル化への関心高い
デジタル庁の創設計画、コロナ禍によるニューノーマルによりDXの波は迫っています。日本能率協会が行った「DXの取組状況」調査によると、すでに5割以上の企業がDX推進、検討に着手済みです。DXの目的は、業務のプロセス効率化が最も多く、人手不足が課題となっています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113141755p:plain

出典:日本能率協会、DXへの取り組み状況

従業員数300人以上3000人未満の中堅企業では、推進・着手ずみが56%、従業員数300人未満の中小企業では34%となっている。一方で、検討意向を示している中堅企業は35%、中小企業は43%とDXへの関心は高まっている。

 

ユナイトアンドグロウは、従業員数50〜300人未満、300〜1000人未満の企業がターゲットであり、今後の需要は高まると考えられる。

②課題は山積み
DX推進の課題については、「人材不足」が大きな課題となっている。また、「DXに対するビジョンや経営戦略、ロードマップが明確に描けていない」、「具体的な事業への展開が進まない」など多くの課題があげられています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113155537p:plain

出典:日本能率協会、DX推進の課題
 

デジタル庁とは?その影響

①デジタル庁とは?
デジタル庁とは行政のデジタル化をすすめるために新設される組織です。早くとも2021年〜2022年4月の発足が示唆されています。
 
②その影響
デジタル庁創設により各省庁や自治体のシステムが統合され、データが共有されることで、行政手続きにかかる時間が短縮されると考えられます。また、デジタル化が中小企業にも波及すれば、IT化による生産性の向上、新しい商品やサービスが作られ収益力の向上も見込まれます。
 

テクニカル・ファンダメンタル分析

IT業界に関する話が長くなりましたが、この成長性と課題のある業界で事業展開するユナイトアンドグロウを以下の記事の方法にしたがってしっかりと分析していきます。 
 
①売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113210512p:plain

出典:会社四季報 2020年4集

 四季報の数値からわかるように2016年から2021年まで経営は続伸する予測です。EPSも2020.12は減少しますが、2021.12には大幅に増加します。このことから、中長期的にはなりますが2021年の経営と株価には期待がもてます。また、2021年の予想値と2017年の数値を比較すると売上は2200÷1175=約1.9倍、純利益は200÷67=約3倍と順調な成長が見込まれます。
2020年12月の予想PERは31倍(2020年11月13日は40倍)で、2020年10月マザーズ情報通信業の平均PERは239.1倍と比較するとかなり低い値であり、割安にあると言えます。
 
時価総額が小さい
2020年8月15日では4052百万円でした。11月13日では5934百万円でまだまだ小型株です。
 
③配当を出している
継続的に配当を出しており、2020年12月は5→6円に増配します。
予想配当利回り0.37%と小さいです。
 
④上場10年以内

2005年2月23日設立で、2019年12月18日マザーズ上場とかなり若い会社といえます。

 

⑤材料株か?

昨今のコロナ禍の中、デジタル庁創設が計画され、DX推進の波が押しよせています。そうした社会環境とIT人材の不足が予測されているため、今後ますますユナイトアンドグロウのサービスに対するニーズが高まると考えられます。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113221054p:plain

出典:Treading View
いつもは月足で中長期的に評価していますが、上場1年未満のため今回は週足でみていきます。
2020年10月に一時は上場最高値を突破したが、その後は下落しています。今後カップウィズハンドルを形成し、再度高値を突破すれば、高値節目抜け型となり株価の上昇も期待できます。
 
⑦注目度が低い銘柄
アナリストレポートはないが、TwitterYahooファイナンス掲示で気にされている方は書き込みがあります。しかし、書き込みもまだ少ないため注目度は低いと言えます。
 
時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201113222811j:plain

四季報からユナイトアンドグロウに関しては、予想PERは31倍と市場平均と比較するとかなり低い値にあります。そして年々売上および利益を伸ばし、配当もありますが株価は最近底打ち上昇してきました。

また、2020年10月マザーズ情報通信業の平均PERは239.1倍であり、予想EPSは20年12月で43.9円、21年12月で54.9円となっているため、現在の平均PERをもとにすると適正株価は以下のようになります。

  • 20年12月:43.9×239.1=10496円
  • 21年12月:54.9×239.1=13126円

このように市場平均をもとに適正株価を計算した場合、現在の1000円代はかなり割安にあると言えます。ただし、必ずこの株価まで上昇するというよりも今のEPSに対して割安にあるともこの計算から評価できます。

 

続いて、2020年12月期 第3四半期決算短信から貸借対照表を分析していきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201114122142p:plain

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

このことから、ユナイトアンドグロウは資産のほとんどは現金として持っており、有利子負債は10,067千円で余剰資金を多く持っている印象です。 

仮に、事業を回すのに販売管理費の約4億がかかった場合、余剰資金は約10億円です。これだけの資金があれば事業展開、この会社の目標であるシェアード社員の増員も充分に行えると考えられます。

 
⑨PSRによる評価

ユナイトアンドグロウの時価総額は2020年11月13日では4052百万円、2020年12月期の予想は売上高は1850百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:4052÷1850=2.19

よって、PSRに関しては割高でも割安でもないと考えられます。

⑩社長が大事

会社のホームページから社長の写真もカメラマンに取ってもらったものが選ばれています。代表のメッセージを読んだ第一印象はとにかく熱い方だと思います。IR TVも出されて決算の説明、今後の事業展開もわかりやすいのがいいです。

また、IRが適度に発信され、株式分割や増配など株主のことも意識され経営されているのが感じられます。

 

最後に

今回は、IT業界のことから説明し、IT人材の不足が起きていること、デジタル庁創設やDX推進のこと、そして、多くの余剰資金を持つユナイトアンドグロウは今後のシェアード社員増加や事業展開が見込まれます。

ただし、ゲームやバイオ銘柄ではないので急騰はあまり期待できないと考えられるため、中長期的にみていければと思います。

 

あわせて読みたい

 

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

公開:2020年11月14日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】4395 アクリート,SMSのパイオニア

f:id:me-me-kabu-toushi:20201109095147j:plain

 

今回の記事では、SMSの配信事業を手がけるアクリートについて分析していきます。

 

 

クリートはどんな企業?

f:id:me-me-kabu-toushi:20201109095040j:plain

クリートはHPより「日本におけるSMS配信事業のパイオニア」であり、「世界が認める、グローバル品質と信頼性」のSMS配信サービスを提供する企業向けSMS配信マーケットのリーディングカンパニーとあります。

SMS市場シェアNo.1であり、主なサービスはSMSコネクト、SMSコネクト(双方向)、IVR認証/IVR連携を提供しています。

これまで、LINE、グリー、ミクシィ食べログの課題解決に取り組んだ実績もあります。

 

クリートの経営、成長性

まずは四季報と月足チャートをチェックしていきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201109224951p:plain

会社四季報 2020年4集より引用

f:id:me-me-kabu-toushi:20201109191028p:plain

Treading Viewより引用

四季報の数値から毎年売上、利益も伸び続けていますが、チャートは逆に下落しています。そして2020年9月には大きく陽線が出現して底打ちのように見られます。また、2020年12月期より配当も出るため、今後の株価上昇の要因の1つになると考えられます。

さらに、2020年以降のA2P-SMS市場の見通しは、2023年までのSMSの配信数は年平均40%以上で成長し、新規利用法人数は年30%増と予測されています。5Gサービスも事業拡大に影響すると考えられます。

同業他社と比較すると時価総額が低いこと、中長期成長では新事業領域への取り組みもあることから、今後の成長が期待できます。

 

10の法則で分析

こちらの記事で10倍株、2倍株をみつける分析について説明しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

この方法に従ってここから徹底的にみていきます。

 

①売上および利益が成長している

四季報の数値からわかるように2016年から2021年まで経営は続伸する予測です。EPSが持続的に成長しているのもいい点です。また、売上は1620÷351=約4.6倍、純利益は220÷15=約14.6倍ととてつもない成長が見込まれています。

2020年12月の予想PERは25倍で、2020年10月マザーズ情報通信業の平均PERは239.1倍と比較するとかなり低い値であり、割安にあると言えます。

 

時価総額が小さい

2020年8月15日では4287百万円でした。11月10日では6038百万円でまだまだ小型株です。

 

③配当を出している

2020年12月より配当がでます。2021年は増配も予想されます。

予想配当利回り1.17%と小さい点がいいです。

 

④上場10年以内

2014年5月1日設立で、2018年7月26日マザーズ上場とかなり若い会社といえます。

 

⑤材料株か?

クリートの事業は企業から個人向けのSMS配信代行サービス展開、認証用途が多く国内もITサービス系中心に二段階認証用途が拡大している。リモートワークやより強固なセキュリティ対策が求められる社会では必要な技術である。

 

 ⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201109191028p:plain

Treading Viewより提供

今のチャートパターンは横ばいから少し上昇に向いている。このまま上昇し、上場後高値の1929円を超えていけば高値節目抜け型になり青天井になる可能性も。ただし、過去の高値が抵抗ラインとなり株価が上下することは想定されます。

 

⑦注目度が低い銘柄

TwitterYahooファイナンス掲示での書き込みは少なく、アナリストレポートもないため、注目度は低いと言えます。

 

時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201110155239j:plain

まずアクリートに関しては、予想PERは25倍と市場平均と比較するとかなり低い値にあります。そして年々売上および利益を伸ばし、配当もあるのにも関わらず株価は下落、横ばいと放置されています。

また、2020年10月マザーズ情報通信業の平均PERは239.1倍であり、予想EPSは20年12月で34.1円、21年12月で39.5円となっているため、現在の平均PERをもとにすると適正株価は以下のようになります。

  • 20年12月:34.1×239.1=8153円
  • 21年12月:39.5×239.1=9444円

このように市場平均をもとに適正株価を計算した場合、現在の1000円代はかなり割安にあると言えます。ただし、この価格まで上がるには材料はもちろんのこと事業展開や長い時間も必要になると考えられます。

また、必ずこの株価まで上昇するというよりも今のEPSに対して割安にあるともこの計算から捉えることができます。

 

⑨PSRによる評価

 アクリート時価総額は2020年11月10日では6038百万円、2020年12月期の予想は売上高は1650百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:6038÷1650=3.65

よって、PSRに関しては割高でも割安でもないと考えられます。

 

⑩社長が大事

会社のホームページから社長の写真もカメラマンに取ってもらったものが選ばれ、会社のメッセージも社会環境に適してたものに更新されています。そして、「アクリート第二創業期へ」という言葉は今後いい変化があるのではと思われます。

また、配当を出すのはもちろんのこと、IRが適度に発信されているので株主のことも思い経営されているのだと感じられます。

なので、株主も安心して出資・応援できます。

 

以上より、アクリートは2018年上場の若い企業で社会環境の変化に適した今後の成長が期待できます。

 

あわせて読みたい

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

最後に

この記事は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でお願いします。

また、投資情報は日々変化するため、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。

投資は自己責任でお願いします。

 

公開:2020年11月10日

更新:2021年1月5日

【必読】10倍株、2倍株をみつける10の法則

f:id:me-me-kabu-toushi:20201103165221j:plain

 

今回の記事では、投資歴1年未満の僕が実際に2倍株を見つけた方法を解説していきます。10倍株、2倍株の要件は様々なことが言われており、その中でも以下10の法則が重要と考えています。

 

 

1. 売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106161817j:plain

はじめに、会社四季報や株探などを使用しながら過去3年(できたら過去5年)の推移をみて、売上および利益が毎年増加傾向にある企業を選びます。また、当期以降も成長があることも確認します。現在は、コロナ禍であり業績に及ぼす影響も確認します。

そして、売上の伸び<利益の伸びの成長を示し、利益率の高い経営ができているか評価します。さらに、EPSが持続的に成長していることも成長株の重要な評価項目です。

 

2. 時価総額が小さい

投資対象とする時価総額20〜50億円の銘柄にします。なぜなら、この価格帯は株価の上昇余地が大きい点、さらに、過去に10倍株を達成した銘柄の多くもこの時価総額にあったと考えられているからです。

ただし、地合によって時価総額は変化します。気になる銘柄が見つからない場合は100億まで投資対象を引き上げて銘柄を探すのもよいでしょう。

時価総額分類  地合によって変化しますが下記のようなイメージを持つようにします。

  • 1兆円以上:超大手企業
  • 1000億〜1兆円:大手企業
  • 100億〜1000億円:中小企業(500億以下は小型)
  • 100億未満:ベンチャー企業

 

3. 配当を出している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106161856j:plain

配当を出す企業を投資対象にします。特に配当利回り2%未満、できたら1%前後の企業にします。

この配当利回りを選ぶ理由は、2%を超えている場合は大手機関によって何らかの理由により株価の上昇を抑えられている可能性があるからです。この場合株価の成長は厳しくなります。

また、2%未満であるなら無配の企業も投資対象になるのではと考えられますが、無配の場合は株主に対する熱量や思いというのは配当ある企業と比較すると小さくなってしまいますので、投資対象から外します。

 

4. 上場10年以内

創業ではなく上場10年以内の企業を選びます。これは単純に若い会社には成長力があるからです。

一方で、大手と言われるまで成長した企業が、さらに急成長するのは難しいと考えられます。

 

5. 材料株か?

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106162608j:plain

投資対象が、コロナ関連、5G関連、デジタル庁関連などのテーマ性があり、かつ日々の社会環境の変化に対応していける企業を選びます。

そして、浮動株が充分にあり、貸借銘柄でもあり、株価に流動性があることを確認します。

 また、各企業のIRで株式分割や増資もしくは自社株買いの有無についても確認する必要があります。

6. チャートパターン

月足で以下のチャートパターンであるか確認します。

①急騰即乗り型

f:id:me-me-kabu-toushi:20201105211002p:plain

Treading View提供
②高値節目抜け型 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201105212049p:plain

Treading View提供
③長期横ばい急騰型

f:id:me-me-kabu-toushi:20201105212111p:plain

Treading View提供

 

7. 注目度が低い銘柄

注目度が低いとは、TwitterYahoo!ファイナンスにおいて書き込みが少ないことやアナリストレポートが少ないことをいいます。

また、逆張りのようになりますが、株探やニュースでもあまり取り上げられず周りが総悲観してる中で買うことで安く仕込むことができます。

 

8. 時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄とは、言い換えれば割安株投資のことです。

まずは、PERの視点から説明します。PERの標準はおおむね「15倍」と言われており高くても低くてもここに戻ると考えられているので、上述の1.で説明したように堅調に成長しているにも関わらず低PERで放置されている企業が投資対象になります。ただし、現在のPERは高いものから低いものまで様々ありますので、同市場同業種の平均値も参考にするとよいでしょう。

そして、企業本来の価格(適正株価)については、次の計算式を用います。

この計算式では将来PERが平均的な値に戻る性質を利用しています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106001204p:plain

これにより、予想株価を求め、現在の株価が割安かどうかを評価します。
また、既に成長している同業他社と比較することで、投資対象としている企業の成長がどの段階に相当するのかという見当をつけることもできます。比較する企業が日本になければ外国株に目を向けるのも方法の1つです。

最終的には、投資対象である企業の経営方針や事業モデルも加味して適正株価を予想するとよいでしょう。

 

9. PSRによる評価

PSRは株価売上高倍率とも言います。以下の計算式を使います。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106211332p:plain

IT系の企業やスタートアップ企業では赤字も多く、PERなど利益をもとにした指標は評価できません。また、最近のPERは100倍を超えることも珍しくなく、以前よりも評価が難しくなっています。そこで、売上で評価するPSRが使用されるようになってきました。

PSRは20倍以上だと割高0.5倍以下なら割安とされています。また、2019年の企業PSRの平均値は1.1倍でした

 

10. 社長が大事

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106165247j:plain

企業では、全ての事業戦略、財務戦略、投資決定、社員の成長性は社長のセンス・カリスマ性に依存しています。そのため、企業を見るときはトップがどのような人物か確認する必要があります。

社長の経歴は有価証券報告書やネットで調べれば分かります。企業のホームページを見れば社長のメッセージや決算説明の動画を見ることができます。この時の注意点としては、社長の写真はプロのカメラマンに撮ってもらったものかメッセージは社長自ら書き適度に更新されているかを確認します。

なぜなら、社長の紹介ページは株主が必ずチェックするとこであり、社長の本気度もわかるとこだからです。本気度が伝わってこない企業は、株主に対する意識や株価対策も弱いので残念ですが、投資対象から外します。

 

最後に

投資歴1年未満の僕でも上述の方法で2倍株を見つけることができました。

最初からこの10の法則にあてはまる企業はなかなか見つかりませんので、8個ぐらい該当する企業を打診買いしながら精査していくとよいでしょう。

投資では当然のことではありますが、個人の資金量、性格、ライフスタイルなどで適した戦略は変わってきますので、この方法は1つの参考として、投資は自己責任のもと行ってもらえたらと思います。

 

あわせて読みたい

 

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

  

公開:2020年11月7日

更新:2021年1月5日