メ―メ―の株・投資ブログ

メ―メ―の株・投資ブログ

アラサー兼業投資家。2019年12月に株式投資を始めるもコロナショックを経験!試行錯誤して今に至る。 初心者でもわかる投資に関する役立つ情報を発信していきます!

投資を始めるのにおすすめな本3選【基本からマインドまで学ぶために】

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204080733j:plain

 

初心者の方で、証券口座を作ったもしくはこれから投資を始めたいが、何から勉強を始たらいいのかわからない。どんな本を読んだらいいのかわからない方の疑問に答える記事です。

 

2019年12月に株式投資を始め、その後コロナショックを経験し、それでも相場から退場せずにひたすら勉強を続けて2倍株を達成した僕が、初心者の方に読んでもらいたい本3選について紹介していきます。

そして、知識を得たらすぐに行動すべきです。投資であれば損失のリスクこそありますが、その先の利益を得なければ本代も赤字のままです。失敗は誰にでも起こりえるので、そこから学び新しい行動につなげていくことが大切です。

 

 投資初心者におすすめな本3冊

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204094343j:plain

投資初心者の方が学びやすいように順番も考えて3冊を厳選したので、次の順で読んでもらえたらと思います。

 

めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版
 
株の雑誌Diamond Zaiが作った株の入門書です。この本はそもそも株ってなに?というとこから解説してあり、「日本のバフェット」と言われる竹田和平氏の投資に対する考えた方のコラムもあります。
また、テクニカル・ファンダメンタルの基礎的な指標はもちろんのこと、証券口座の開き方、買い注文、売り注文の出し方から解説してあり、投資を0から学ぶ時に理解しやすい1冊となっています。
 
12万人が学んだ投資1年目の教科書
 
この本は、12万人以上が学んだ投資の学校創業者である髙橋慶行氏の著書です。最初に投資家マインドを身につける重要性について説明があります。その後、テクニカルを中心にした記載があり、特徴的なのは初心者がつまずきやすい波動、ダウ理論グランビルの法則について詳しく解説してあります。そして、マクロ経済についても説明があり相場全体をわかりやすく学ぶことができます。
 
世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 
 
3冊目は有名Youtuber髙橋ダン氏の最初の著書です。最初の2冊に比べると少し発展した内容の本ですが、最初の頃に読んでおいて損はない本です。むしろ投資に対する考え方が増え、今後の投資戦略の選択肢をふやすことができます。この本では、株・コモディティ・不動産など投資全般を説明しています。MACDストキャスティクスなどのテクニカル分析の使い方もわかりやすく解説してあります。そして、世界のお金持ちのデータをもとにマインドやライフスタイルをどうするべきかがとても参考になります。
 

本を使った勉強法、やるべき事

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204130821j:plain

本を買ったら当然読みこんでいきます。この時、ただ流し読みをするのではなく大切だと思ったとことには付箋やマーカーで線を引いたりしていきます。そして、手書きのノートでもwordでもいいのでまとめノートを自分なりに作ることが大切です。このまとめノートが今後、自分の投資のバイブルとなっていきます。

僕の場合ですと、下の写真のようにまとめています。ただ本を要約するのではなく、大事なところをピックアップして自分専用のノートを作っています。本にマーカーや付箋もつけているので、気になることがあったらすぐに振り返れるようにもしています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201204133537p:plain

そして、最も大事なことは勉強して得た知識をアウトプットし、行動に移していくことです。最初にも述べましたが、投資であれば損失のリスクは当然ありますが、行動しなければその先の利益も手に入れることはできません。僕自身も含み損や損失を出しながらも勉強を続けることで2倍株を達成しました。「失敗から学び次に生かす」ことがとても大切だと思います。

 
あわせて読みたい
上の写真で載せた投資戦略の記事です。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

株式トレードを自動で記録・分析し日々の投資活動を助けてくれるアプリ、カビュウについて書いています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

  

公開:2020年12月4日

更新:2021年1月5日

*この記事は、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でお願いします。

また、投資情報は日々変化するため、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。

当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切の責任を負いかねます。

投資は自己責任でお願いします。