メ―メ―の株・投資ブログ

メ―メ―の株・投資ブログ

アラサー兼業投資家。2019年12月に株式投資を始めるもコロナショックを経験!試行錯誤して今に至る。 初心者でもわかる投資に関する役立つ情報を発信していきます!

【初心者にもわかる企業分析】8088 岩谷産業、エネルギー・水素関連銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20210109202945p:plain

岩谷産業のチャートすごいけど、どうなってるの?

岩谷産業はカセットこんろやボンベで1度は目にしたことあるのではないでしょうか?岩谷産業のチャートは今凄いことになっています。どのような事業を行っており、テーマ性や国策との関連について分析していきます。

本記事の内容

 
岩谷産業水素ステーションにも携わっています。今回は事業性および水素に注目してみていきたいと思います。
 

岩谷産業とはどんな企業

f:id:me-me-kabu-toushi:20210109203944j:plain岩谷産業は、「総合エネルギー事業」「産業ガス・機械事業」「マテリアル事業」「自然産業」を展開し、ガス&エネルギーをコア事業として取り扱っている。

総合エネルギー事業の売上高は3,135億円(2020年3月期)あり、エネルギー関連機器(コンロ、エネファーム)、宅配水事業(富士の湧水)、カセットこんろ・ボンベ、石油関連(LNG、灯油、ガソリン)、LPガスを取り扱っている。

f:id:me-me-kabu-toushi:20210109224748p:plain

出典:2020年度岩谷産業 事業概況

産業ガス・機械事業の売上高は1,905億円あり、ガス設備類を取り扱っている。また、特殊ガスの市場シェアは、水素液化水素、ヘリウムは業界1位である。強みは、国内トップシェア液化水素のオンリーワンサプライヤーであること。特に、液化水素は様々な使用用途があり、ガラス製造、金属熱処理、半導体・エレクトロニクス、宇宙開発(ロケット燃料)に使われる。特にFC関連では、将来的需要が見込まれており、水素ステーションの整備に大きく貢献している。

マテリアル事業の売上高は1,495億円あり、電子マテリアル部門、金属部門、機能樹脂部門、資源・新素材部門を取り扱っている。

自然産業事業の売上高は273億円あり、農業部門、畜産部門、食品部門がある。

ESG(環境、社会、ガバナンス)では、これらの事業から環境への取り組みに力を入れています。CO2フリー社会への移行を目指して、水素エネルギー社会の実現へ注力している。日本の水素ステーションの40%は岩谷産業が携わっている。燃料転換の促進では、石炭・石油からLPガス天然ガスへの利用を促進している。持続可能な社会の実現においては、バイオマス、バイオPET樹脂による再生可能エネルギー原料やリサイクル資源も取り扱っている。また、フロンを一切使用しない「ノンフロンダストブロワー」も取り扱っている。

水素関連?

f:id:me-me-kabu-toushi:20210109234354p:plain

出典:令和3年度概算要求

令和3年度概算要求においては、予算自体はそこまで大きくはないが策定されており、NEDOも関わっていることから、将来的成長が見込める分野です。

また、四季報では水素燃料電池船の商用化へ、関電などと検討開始、25年大阪万博での運行目指すとある。国内水素供給所は20年度末までに53箇所へ増設も計画している。

 

同業他社との比較

f:id:me-me-kabu-toushi:20210111113641p:plain

上記が水素関連銘柄であり、岩谷産業は水素のオンリーワンサプライヤーとして、水素ステーションを運営しています。水素ステーションは今後増設されていくので、収益の柱となることが期待されます。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

上記のことを踏まえて、ここから以下の記事の方法によりテクニカル・ファンダメンタル分析をみていきます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

①売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20210111120022p:plain

出典:会社四季報 2021年1集

この会社四季報の数値から売上には波があるが、利益は20.3までは着実に増加していた。21.3以降の業績は軟調でそれに伴いROEROAは低下予想です。コロナの影響で産業機械、自動車向け設備が厳しく、電子部品向けガス販売も細り、営業益反落し、22年3月には復調すると予想されます。

 

時価総額

時価総額約4163億円(2021年1月8日)と大手企業に分類されます。

 

③配当を出している 

 配当は出しており、予想配当利回り1.37%です。

 

④上場年

1945年2月2日設立で、1962年8月1日に上場と老舗企業です。

 

⑤材料株か?

脱炭素社会エネルギー水素関連として、令和3年度概算要求のテーマ性に合う企業です。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20210111180836p:plain

出典:Treading View

2020年の後半から数年にわたるレンジ相場を抜け高値ブレイクしています。青丸で囲んだところで小さい三角もちあいで調整されまた出来高を伴いながら上昇しています。上昇力は強く資本金の充実、水素テーマで上昇していると考えられます。バブル当時の高値まできておりなかなか買いづらいとこにあります。現状では、手出し出来ないと考えられます。押し目もしくは長いレンジ相場が再び現れるかが注目にはなってくるかと思います。

⑦注目度が低い銘柄
アナリストレポートはあり、TwitterYahooファイナンス掲示でも書き込みもあり注目度が一定量ある銘柄です。
 
時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20210111192638j:plain

四季報の数値からもわかるように16~20年は順調に業績を伸ばしています。その後は、コロナショックの影響もあり減収減益となっています。ただし、現在の株価はバブル当時に匹敵するほどの高値になっています。四季報の予想EPSから適正PER15倍とし適正株価を計算すると以下のようになります。

  • 21年3月:300.8×15=4512円

  • 22年3月:314.7×15=4720.5円

このように計算した場合、2021年1月8日時点の株価7110円は相当な割高にあると言えます。資本金の充実、テーマ性で上がっており、業績自体は減収減益なので株価の動きは要注意です。

続いて、2021年3月期 第2四半期決算短信から貸借対照表を分析していきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20210111201900p:plain

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

この表からは、現金の割合がかなり少ないことがわかります。このままでは、水素ステーションの増設が心配されますが、投資CFから有形固定資産の取得107億86百万円、無形固定資産の取得13億47百万円、投資有価証券の取得7億66百万円等があり、順次進められると予想されます。しかし、燃料電池車が普及していない現状ではすぐに利益に繋がる可能性は低いと考えられます。業績の進捗率は2Qにしては低いですが、事業構造はエネルギー関連商品を主力としており、季節変動による影響を大きく受ける傾向にあります。LPガスの消費量は、気温や水温の影響を受けるため、販売量は夏季に減少し、冬季に増加します。このため利益が下半期に偏る収益構造を有しており、今後の見通しについては、景気動向やLPガス輸入価格の変動等が業績に影響を与える可能性がありますが、当第2四半期連結累計期間においては、2020年5月14日発表の業績予想を変更していません。

資産合計に関しては約4720億円時価総額約4163億円であり、株価の割にはやや割安にあります。

 

⑨PSRによる評価

岩谷産業時価総額は2021年1月8日では416,373百万円、2021年3月期の予想は売上高は677,500百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:416,373÷677,500=0.61

よって、PSRに関しては0.5以下ではありませんが2019年の市場平均が1.1だったため、平均より割安と言えます。

 

⑩社長が大事 

会社のホームページもわかりやすく、シンプルに作られています。高田工業は、令和2年9月26日に創業80周年を迎えました。岩谷産業は「世の中に必要な人間となれ、世の中に必要なものこそ栄える」という企業理念のもと、暮らしや産業に多様なガス&エネルギーを届けています。その根底には、これからの世の中が必要とする新しい価値を創造することで、社会に貢献したいという思いがあり、それが事業推進の大きな原動力になっていますとあり、このエネルギー変化の時代にマッチした会社の雰囲気成長性をひめていると感じられます。

 

最後に 

 岩谷産業の業績自体はコロナショックの影響を一時的に受けていますが、エネルギー変化の時代にあわせて水素関連、再生エネルギー関連が伸びてくれば業績も変化すると考えられます。また、一部指標では割安に評価は出来ますが、株価は暴騰しており、難しい状態です。今年1年でエネルギーの主力が水素に変わるわけではないので、待つのも相場として長い目で見ていければと思います。

 

あわせて読みたい

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

これから投資を始めたいという方のためにおすすめの本3冊を紹介しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

公開:2021年1月11日

続きを読む

ファンダメンタル分析を極めるのにおすすめな本3選

f:id:me-me-kabu-toushi:20210105144004j:plain

ファンダメンタル分析を勉強したいけど難しそう。どうしたらいいの?

このような疑問を持つ方も多いと思うので、初心者にもわかる企業分析を行っている僕が、実際に読んで役立つと思ったおすすめの本3冊を紹介していきます。

最初は、僕も四季報決算短信はぜんぜん読めませんでした。数字の羅列にしか感じず何を意味するのかもさっぱりでしたが、本を読み少しずつ勉強することでわかるようになりました。

最初は、誰でもわからないものなので諦めずに少しずつ自分のペースでいいので勉強することが大切です。

 

ファンダメンタル分析におすすめな本3冊

f:id:me-me-kabu-toushi:20210105170852j:plain

ファンダメンタル分析について学びやすいように順番も考えて3冊を厳選したので、次の順で読んでもらえたらと思います。

 

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書

 

この本では、決算に関連したバリュエーション指標(PERやPBRなど)はもちろんのこと、四季報の使い方、決算短信の読み方まで解説してあります。過去の事例をもとに具体的な投資戦略も説明してあり、1番最初に読むととても理解しやすく、投資家のバイブルとして今後も必携の1冊です。

 

運、タイミング、テクニックに頼らない! 最強のファンダメンタル株式投資

 

人気個人投資家v-com2氏が手がける1冊です。株主優待、資産株、成長株をファンダメンタル分析を含めて解説しており、個人投資家に参考になる手法ばかりです。特に企業分析に重点をおいており、「企業のかちに注目したバリュー投資であれば、損切りはいいそのこと不要でもいいと考えています。損切りのことを考える暇があったら、企業の分析に集中していた方が結果的に利益が出ることが多いからです。」とあり、メンタルやマインドもものすごく勉強になります。

 

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)

 

最後は、ウィザードブックシリーズからです。ウィリアム・J・オニール氏が考案した最も一貫した最高の成績をあげた手法のひとつとされるCAN-SLIMについての1冊です。ファンダメンタル分析をはじめ、テクニカル的要素も加えられ適切な売買タイミングまで解説してあります。他の書籍と比べると割高ですが、内容もそのぶん充実しています。

 

最後に

この3冊を読めば相当知識がつくと思います。あとは、実践しながら自分の手法に織り込んでいくことが重要になります。僕の場合は、普段読んだ本で得た知識をブログという形で実践するように心がけています。また、株式市場は常に変化するので、日々勉強して考え、行動する習慣を身に付けることが大切です。

 

あわせて読みたい

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資を始るのにおすすめな本3冊を選び、紹介しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資家なら必ず読む会社四季報の読み方、使いたについて解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

個人投資家がつまずきやすい相場サイクルについて解説してあります。

 

公開:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】1966 高田工業所、5G・脱炭素・原子力関連銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201227001851j:plain

高田工業所ってどんな企業?時々チャート急騰してるけど、テーマ株なの?

このような疑問を持つ方も多いと思うので、今回の記事では1966 高田工業所についてどんな事業を行っており、テーマ性や国策との関連について分析していきます。

本記事の内容

 
この記事を通して、高田工業所のことに加えて、今後注目される脱炭素社会や原子力のことについても学べればと思います。
 

高田工業所とはどんな企業?

f:id:me-me-kabu-toushi:20201227222702j:plain

1940年創業、製鉄、化学などの基礎素材産業をはじめ、さまざまな産業設備の設計から制作、建設、メンテナンスまでを行う総合プラント建設会社です。
高田工業所は、「プラント事業」「エンジニアリング事業」「設備診断事業」「装置事業」を展開し確立するなかで相互にリンクし合い、TAKADAを支える柱となっています。
 

プラント事業

製鉄プラント分野

TAKADAの基幹事業のひとつで、製鉄関連設備の設計技術据付、配管工事などの施工技術、そして継続的な設備メンテナンスまで、プロジェクトを綿密に管理し、「マイマシン活動」でサポートしています。

 

化学プラント分野

石油・天然ガス分野では、石油精製プラントや液化天然ガスプラントなどの配管をはじめ、適切で特殊な施設技術とプラント管理を通して高効率で信頼性の高いプラント建設に貢献しています。

 

石油・天然ガスプラント分野

石油・天然ガス分野では、石油精製プラントや液化天然ガスプラントなどの配管をはじめ、適切で特殊な施工技術とプラント管理を通して、高効率で信頼性の高いプラント建設に貢献しています。

 

エレクトロニクス関連分野

TAKADAでは、長年にわたって培ってきた「装置技術ノウハウ」と「トータルクリーンテクノロジー」により、設計から現地立ち上げ、アフターメンテナンスまでの一貫施工システムと国内トップレベルを誇る充実した設備と全国ネットの施工体制で対応しています。

 

原子力・エネルギープラント分野

低炭素社会の実現と低コストでの電力供給の役割を担う原子力。この重要なクリーンエネルギーを安定して供給するためには、設備の高い安全性を維持することが必須です。 TAKADAは、「品質保証システム」を構築し、原子力発電設備の 安定操業に貢献しています。 また、新エネルギーとして注目される太陽光発電風力発電、 水素発電等のクリーンエネルギーにおいても応しています。

 

環境プラント分野

地球規模で環境保全が叫ばれている中、 人々の暮らしになくてはならない社会インフラとして整備が進む 廃棄物処理施設や下水処理施設などの環境施設。 TAKADAは、これらの施設に積極的に取り組んでいる。 

エンジニアリング事業

プラント建設のために、独自のノウハウを蓄積した技術、技能を最大限に活用し、トータルコストのミニマム化を図ったプラントエンジニアリングを行っています。

 

設備診断事業

製鉄、化学、石油の基礎素材産業の設備メンテナンスを行うなかで様々な技術とデータを蓄積してきました。特に、回転機械の診断技術や静止機器や配管に対する腐食損傷解析技術においては、長年にわたって研究開発を重ね、メンテナンスの最適化を追求している。

 

装置事業

エレクトロニクス分野で長年培われてきたテクノロジーと装置技術をもとに用途ニーズに合わせた先進的な装置技術を提供しています。超音波カッティング装置、断面観察用超音波カッティング装置、枚葉式ダイシングフレーム洗浄装置などを取り扱っています。

 

5G関連?

エレクトロニクス関連分野および装置事業が5G関連に該当する事業です。8月には新製品を発表しています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201230001925p:plain

昨今、電子デバイス産業では5G通信をはじめとするIoTや自動運転化技術、EVな
どが市場を牽引しており、5G通信の本格普及による環境の整備、データセンターの整備、電動化・自動運転化などによる車載電子部品数の増加、CO2 排出量 25%削減に向けた省エネへの取り組みなどにより、電子デバイスの需要が大幅に拡大しております。このような市場ニーズに応えるために開発されました。

 

環境関連

令和3年度概算要求のクリーンで経済的な環境エネルギーシステムの実現におけるエネルギー技術の開発等により環境エネルギー問題に対応の項目が関連すると考えられます。なかでも、デジタル化時代を支える徹底した省エネルギーの推進では、あらゆる機器の省エネ・高性能化につながる革新的なパワーエレクトロニクス技術を創出することがCSX501と関係する可能性があります。また、革新的な脱炭素化技術の研究の推進、地域の脱炭素化加速のための基礎研究の推進では原子力エネルギープラント分野および環境プラント分野が関係する可能性があります。

長期的視点で環境エネルギー関連を根本的に解決する項目では、ITER(国際熱融合実験炉)計画等の実施より、環境エネルギー問題を根本的に解決するものと期待される核融合エネルギーの実現に向け、国際約束に基づくプロジェクトを計画的かつ着実に実施し、科学的、技術的実現性の確立を目指すとされています。また、原子力分野の研究開発、人材育成に関する取組、原子力の基礎基盤研究とそれを支える人材育成にも予算が割り当てられており、これらは、原子力エネルギープラント分野が関連すると考えられます。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

f:id:me-me-kabu-toushi:20201231100818j:plain

上記のことを踏まえて、ここから以下の記事の方法によりテクニカル・ファンダメンタル分析をみていきます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

①売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201231101739p:plain

出典:会社四季報 2021年1集

この会社四季報の数値から、21.3ではコロナショックの影響から業績は落ち込んでいます。22.3では、業績はV字回復が予想され、特にEPSは30円も上昇します。しかし、これでもコロナショック前の業績には戻りません。企業成長に関しては、19.3と20.3では、EPSが急増していましたが、21.3でかなり下がってしまったのが難点です。会社からの業績予想がいまだに発表されていないのも心配点です。

 

時価総額が小さい 

時価総額約54億7300万円(2020年12月30日)と小型に分類されます。

 

③配当を出している 

 配当は出しており、予想配当利回り1.43%です。

 

④上場10年以内

1948年6月30日設立で、1983年11月1日に上場と10年以上経過しております。

 

⑤材料株か?

5G関連、脱炭素社会、エネルギー関連として、令和3年度概算要求のテーマ性に合う企業です。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201231114236p:plain

出典:Treading View

2004年からの週足チャートです。過去に1500円に何度かトライしています。次に直近の週足をみていきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201231114557p:plain

出典:Treading View

コロナショック後はゆっくりですが、下値を切り上げています。2020年6月以降2番底をつけるような形をして、出来高急増、株価上昇しています。780円、900円が抵抗ラインとなっています。過去に出来高急増後に株価上昇がみられているので、12月の出来高急増から、チャートがカップウィズハンドルを形成すれば上昇トレンドに入ったといえそうです。

 

⑦注目度が低い銘柄
アナリストレポートもなく、TwitterYahooファイナンス掲示でも書き込みは少ない注目度の低い銘柄です。
 
時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201231115933j:plain

四季報の予想数値からもわかるように低PER、低PBRで放置されています。コロナショックの影響こそありますが、利益は出しています。業績予想は出されていませんが、四季報の予想EPSから適正PER15倍とし適正株価を計算すると以下のようになります。

  • 21年3月:158×15=2370円
  • 22年3月:189.6×15=2844円

このように計算した場合、現在の株価758円(2020年12月30日時点)は割安にあると言えます。ただし、この適正価格は1990年代のバブルで上場直後の価格です。日経平均3万円にしてもなかなか動かない株価が2300~2800円まで上昇というのは実際のところかなり厳しいのではないかと考えられます。アベノミクス相場でもほとんど動かなかった株価なのでなにか原因があると考えられます。

続いて、2021年3月期 第2四半期決算短信から貸借対照表を分析していきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201231140434p:plain

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

この表からは、負債が多く、現金がかなり少ないことがわかります。短期借入金は64億円、工事未払金は90億円から、事業を回すのに60~90億円必要と推察されます。そして、ここまで現金が少ないと経営的には現状維持で、大きく業績に影響を与えるようなIR発表はしばらくないと思われます。しかし、渡部工業の株式を取得したと言われますが、IR内容をみると渡部工業は資本金1000万円の会社で取得株式数は200株で、連結業績の影響は軽微とあります。

資産合計に関しては約336億円時価総額約54億円であり、かなり割安にあります。

 

 

⑨PSRによる評価

高田工業の時価総額は2020年12月30日では5,473百万円、2021年3月期の予想は売上高は47,000百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:5,473÷47,000=0.11

よって、PSRに関しては2019年の市場平均が1.1だったため、平均よりかなり割安と言えます。

⑩社長が大事

会社のホームページもわかりやすく、会社案内や報告書の資料もわかりやすく作られています。高田工業は、令和2年9月26日に創業80周年を迎えました。80年の歴史の上に立ち、これから先、20年後の創業100周年を見据え、現在の当社の課題及び未来の当社の姿に対して、今何をすべきかを検討していく「2040みらいプロジェクト」を令和2年7月1日付で発足させました。グループ構成員全員が参画し、将来ビジョン・社員像の策定と組織活力の更なる向上を目指し、未来に誇れる企業へと成長を目指しているのは素晴らしいことです。また、他社に負けない取組は、コンプライアンスの取組、社会貢献、たかだ基金は株主だけでなく、地域社会にも還元されるいい取組だと思います。

 

最後に

高田工業の株価は、かなり割安に放置されているといえます。国策のテーマ性にあった事業展開をされています。ただ、インフラ系のためかあまり注目度も低く、業績もすぐには伸びにくいというのが、今の株価にも反映されているのではないでしょうか。

2021年は脱炭素社会、エネルギー変化の時代が迫ってきています。高田工業に改めて注目が集まれば投資妙味も出てくるのではないてしょうか。

 

あわせて読みたい

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

これから投資を始めたいという方のためにおすすめの本3冊を紹介しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資をするなら必ず読む会社四季報の読み方、使い方を解説した記事です。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

今は金融相場と言われています。次に来る相場を予想する相場サイクルの考え方について解説した記事です。

 

公開:2020年12月31日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【投資の勉強】会社四季報の読み方、使い方

f:id:me-me-kabu-toushi:20201222233706j:plain

 

会社四季報って分厚いし、数字がたくさんあって読めないよ…

今回は、このような疑問を持つ方でも、会社四季報の数字が持つ意味を理解してすらすら読めるようになるための記事です。

本記事の内容

  • 会社四季報とは
  • 業績の伸びをチェック
  • チャートをチェック
  • 財務状況をチェック
  • 外国人、投資信託の持ち株をチェック
  • 前号と比較
 
今回の記事で、会社四季報で優良銘柄という宝探しするような感覚で楽しく読めるようになってもらえたらと思います。
 

会社四季報とは 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201223083039j:plain

会社四季報とは、上場企業の業務内容概況業績財政状態株主をまとめた本です。年4回3月、6月、9月、12月にそれぞれ発売されます。

会社四季報は当期および来期の将来2期分の業績予想が掲載されており、これらの情報から優良銘柄を探していきます。

 

業績の伸びをチェック

f:id:me-me-kabu-toushi:20201106161817j:plain

まずは売上高や利益が毎期順調に伸びているかみます。会社四季報は過去3〜5期分の業績と当期および来期の2期分の予想が掲載されています。そして過去3~5年分と当期、来期において売上高経常利益EPSが毎年増加傾向にある企業を選びます。特に、予想EPSが急激に増加しているものがよいです。(僕は、最初EPSを重視せずに売上高や経常利益ばかりみていましたが、株式会社は出資者からの資本で成り立っていますので、EPSでどれくらい利益を上げているかは重要で、株価に影響を与えるためみるようにしています。
そもそも、株価は将来を見据えて動くため、将来に向かって売上や利益が成長しなければ株価の上昇は見込みにくいです。
また、注意すべきは、売上、利益の増加が、これまでの増加スピードに比べて明らかに鈍化している場合は、市場が成長を見込めないと判断し、株価は下落していきます。赤字縮小や黒字転換するいわゆる復活株の場合は、慎重に選びます。想定通り業績が回復しなければすぐに売りこまれます。上場企業は約3700社あるので成長企業を選ぶ方が安定です。
 

チャートをチェック

f:id:me-me-kabu-toushi:20201223103506j:plain

業績から銘柄を選んだら、次にチャートをみます。そもそも自分の資金量にあった株価なのか?、下落トレンドではないのか?、既に業績を織り込んで株価は上昇していないか?などをみていきます。特にカップを形成しているものや、高値ブレイクしているもの、しそうなものがよいです。(先にチャートからスクリーニングしてみる方もいると思いますのでそこは好きな順番で見ればOKかと)
 

財務状況をチェック

f:id:me-me-kabu-toushi:20201223104300j:plain

ここでは、企業の経営状態をチェックしていきます。
はじめに自己資本比率をチェックします。ここは、業種によってかなりの差がでます。30%以上あれば普通50%以上なら良80%以上なら優良と捉えます。
次に、ROEROAをチェックします。ROEは10%以上ROAは5%以上あれば優良です。また、ROEROAの差にも気をつけなければなりません。ROE÷ROAは通常2~3倍ですが、これが10倍や20倍となると多額の借入金によるレバレッジ経営がを行っており、危険な状態です。他には、CFや有利子負債で大きな変化がないかもチェックします。
 

外国人・投資信託の持ち株比率をチェック

f:id:me-me-kabu-toushi:20201223110306j:plain

株主関連データの中で、外国人持ち株比率投信持ち株比率もチェックします。この2つの比率が高いほど外国人や投資信託から優良企業と評価されています。比率が高い場合はその株を買いたい外国人や投資信託はすでに買ってしまっている可能性があります。そこで、持ち株比率が増加傾向にあるものの比率自体がまだ数%という場合は、株価がこれから大きく上昇する可能性が高いです。逆に、減少傾向にあるものは、下落圧力が高まると予想します。

 

前号と比較

f:id:me-me-kabu-toushi:20201223112013j:plain

前号の数値と比較することで、業績の上方修正や下方修正など何か変化が起きていないかをチェックします。

会社四季報の各銘柄のページの欄外に前号と比べて業績予想がどう変化した記載があります。その記号については以下にまとめます。


  • ➡️前号並み…営業利益の増減が前号と比べて5%未満
  • ⬆️前号比増額…営業利益が前号と比べて5%以上30%未満増額、または0から黒字へ
  • ⬆️⬆️大幅増額…営業利益が前号と比べて30%以上増額
  • ⬇️前号比減額…営業利益が前号と比べて5%以上30%未満減額、または0から赤字へ
  • ⬇️⬇️大幅減額…営業利益が前号と比べて30%以上減額
 

僕の場合は以下のようにエクセルにまとめています。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201223125132p:plain

出典:会社四季報 2021年1集

変化のあったとこは色分けしたり、どんなことが前号から起きたのか記載しています。毎号書いていくと四季報にも記載されなくなった過去の業績も一目でわかるようになります。

 

会社四季報は人それぞれ読み方、使い方がありますので、自分にあった手法を確立するのがいいと思います。

最後に四季報の読み方の参考になる書籍を紹介します。いろいろな考え方がありますので、たくさん知識を吸収してもらえたらと思います。

 

 

また、投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

こちらの記事では、ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

【投資の勉強】シリーズとして相場サイクルについても解説した記事です。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

公開:2020年12月23日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【投資の勉強】相場サイクルの見分け方

f:id:me-me-kabu-toushi:20201216090234j:plain

相場サイクルってなに?どう考えるの?

今回は、このような疑問を持つ方のために、相場サイクルについて説明していきす。

投資を行うにあたり、通常の景気循環がどれくらい時間をかけ、どのような過程を経るか知る必要があります。特に、最近の景気サイクルに注目すべきです。これまでのサイクルが3〜4年だとしても、将来にわたり同じ期間のサイクルが続くということはありません。

そこで、今回は基本的な以下の4つの相場について勉強していきます。

本記事の内容

  • 金融相場
  • 業績相場
  • 逆金融相場
  • 逆業績相場
 

金融相場

f:id:me-me-kabu-toushi:20201216094504j:plain

まず日銀が金融緩和を発表するとそれだけで株価が上がり始めます。これを「不景気の株高」といい、業績不振の企業でも株価は上昇します。
この金利低下と金余りは、金融機関にとってフローの期間利益はもちろんのこと、ストックの含み利益の急増に繋がり、二重、三重のプラス材料になります。金融相場=金融関連相場といえます。また、信販会社、リース会社、損害保険会社の株価も連れ高します。財閥関連株も人気を集め建設、土木、道路、橋梁、プレハブメーカー、大手不動産会社、マンション業者関連が循環物色され、公共サービス関連、電力、ガス、電鉄、空運、放送なども買われる。
不況抵抗力がある点で、貸しビル不動産、食品、薬品なども活躍が期待されます。特に医薬品ではもともと利益水準が高く、新薬の開発が株価材料となり、金融相場では想像以上に人気を集め、市場最高値を更新します。
コロナショックは、金融相場ではありますが、この不況抵抗力がある銘柄や情報通信関連などが買われました。アンジェスが高値になったのも有名です。ただし、バイオやゲーム関連は仕手化しやすく、急騰急落しやすいため、取引する際は注意が必要です。あるいは、取引しないようにします。
 

業績相場

f:id:me-me-kabu-toushi:20201216095100j:plain

金融相場の後、次第に企業の業績が回復し、好業績の企業の株が買われる。この時期は、業績が向上する企業が増え、相場全体で買われます。業種別の騰落状況をみると、前半と後半では物色対象が変わります。前半では素材産業が、後半では加工産業が買われます。
具体的には、前半では繊維、紙パルプ、化学、ガラス・セメント、鉄鋼、非鉄などの素材産業が、後半では機械、電気、自動車、精密機器などの加工産業が買われます。 
素材産業から加工産業、あるいは大型の低位株から中小型の中位・値嵩株への移り変わりは景気絶好調、物価上昇、インフレ懸念による日銀の予防的な引き締め政策の実施、具体的には最初の公定歩合の引き上げをきっかけに展開される。
業績相場は、この好況が永遠に続くかのごとき錯覚に酔いながら終焉を迎える。それは、外部からのショック材料である場合もあるが、予防措置では治り切れぬインフレを抑えるための引き締め政策が多い。
2019年の12月ごろは、僕は投資を始めた頃で国土強靭化や5G関連などの精密機器いわゆる加工産業が続伸している時でした。そうした中で、コロナショックにより株価は崩れ去り、新たな金融相場が始まりました。コロナショックは経済が停止しましたが、社会機能は生きているため、今後のアフターコロナ、ウィズコロナではどのようなセクターに資金が集まるか注目です。

逆金融相場

f:id:me-me-kabu-toushi:20201216125331j:plain

景気がよくなると過熱する景気を抑えるために日銀は少しずつ金利を上げていきます。これを「金融引き締め」といいます。金融引き締めが行われると、投資家の資金が株式市場から預金や債権に流れ、市場全体が下落していくのが一般的です。金利が高くても業績に影響の出にくい借金の少ない企業に注目が集まります。
逆金融相場における市場の外部環境は、金利が急上昇、多少資金繰りに余裕が失われてきたという面を除けば、景気は絶好調です。企業収益も素材産業の一部が在庫調整に入り、減額修正しつつある点と建設、製造業などで人手不足から受注に陰りがでますが、消費やレジャー、自動車や電化製品などの関連企業はまだまだ大幅な増益予想をとります。
弱気相場では、時価総額の小さな企業ほど買い占めや企業買収の対象にもされやすく、材料株として買われやすいのも小型株の特徴です。一方、好況の波に乗り新規公開企業も次々に登場します。これが店頭株式市場を一層活性化させます。このような株の活況は大不況にでもならないかぎり続きます。
 

逆業績相場

f:id:me-me-kabu-toushi:20201216125353j:plain

金利に耐えれず、業績が悪化した会社が増えてくる時期です。リストラに取り組む企業が注目されます。
このような相場では、財務体質が優れ、競争力も強く、業界トップクラスにある銘柄を買うチャンスと言える。まさにショック材料で諸株暴落の場面か、このように市場の長期低迷場面しかないわけです。ただし、相場の神様と言われる本間宗久は「海中へ飛び入る心持ちでなければ底値圏では買えない」と言っています。それなりの覚悟が必要です。
また、投資妙味のあるのは、金融関連株と財閥関連株、次に不況抵抗力がありリスクの少ない電力、ガス、電鉄、不動産、そして薬品です。これらは、景気低迷の不況こそ次のポリシーミックスと言われる財政・金融両面からの景気対策が打たれる環境下にあり、この恩恵を受け、次にくる金融相場のリード役として活躍します。
 
最後に
この基本的な流れを覚えとくと次に上がりそうな銘柄の予想にも役立ちます。しかし、コロナショックのような材料がありますと必ずしもこの循環が繰り返されるわけではありません。今、自分はどういう市場で投資を行っているのか理解するのも非常に重要なことです。
 
相場サイクルについては、以下の2冊で説明してあります。
こちらでは相場サイクルに加えて、投資の基本的なことを学べます。
 
相場サイクルについてより詳しく学びたい方はこちらがおすすめです。
 

こちらの記事では、投資初心者やこれから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。 

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

こちらの記事では、ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

こちらの記事は、【投資の勉強】シリーズとして四季報の読み方について解説しています。

 

公開:2020年12月18日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】6656 インスペック、RD3000はどこに??

f:id:me-me-kabu-toushi:20201210085806j:plain

RD3000は売れてるの?受注はどうなってるの?

コロナ禍の影響を受け業績が悪化した6656 インスペック。現在公開されている情報から、RD3000のことも含めて分析します。

本記事の内容

 
2019年にRD3000を発表し、未だに受注情報はなく、2030年には電気自動車や燃料電池車に移行を目指すと政府から発表があったが、今後の成長性はどうなのか?しっかりとみていきます。
 

インスペックとはどんな企業?

 インスペックは1991年6月設立、2006年6月上場の秋田の半導体関連企業です。主な事業は次の3つです。
 

主要3分野の製品戦略

ロールtoロール型検査装置(FPC分野、COF分野)

モバイル機器、ウェアブラル機器などで高成長、ロールtoロール高精度パターン検査で差別化、TABテープ時代からのノウハウの蓄積

インライン検査装置

IoT拡大でマイクロデバイスが急増、製品の高度化によりインライン検査のニーズが拡大、ロールtoロールの連続検査技術によりインライン検査が可能

精密基板検査装置

クラウドサーバーの拡大で高性能CPUが増加、AIのディープラーニング用デバイスが急拡大、最先端のファインパターン検査(AOI)に唯一対応

 

成長戦略

5Gのインパクトは生活の基盤として数十億人にイノベーションをもたらす。

中期戦略

FPCおよびCOF向けロールtoロール型検査装置、ロールtoロールインライン検査システム、精密半導体PKG基板検査システム

中長期戦略

ロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機、あらゆる検査ニーズに対応する新検査システム

RD3000を世界初って推してたのに中期ではなく、中長期戦略ですか。すぐに利益につなげるのは難しいってことなのか。

 

RD3000について

f:id:me-me-kabu-toushi:20201210143605j:plain

自動車のワイヤーハーネスはFPCへ

自動車のCASE(Connected Autonomous Shared Electric)への取り組みは、加速度的に進歩を続けており、自動車メーカー各社は、自動車の内部配線(ワイヤーハーネス)の急速な増加に伴い高品質で軽量なFPCの採用に取り組んでいる。

この中で、ワイヤーハーネスは乗用車でも長さ6m超の配線が必要と言われており、長尺のFPCをシームレスに露光が可能な機械へのニーズが高まっている。

 

テスラ社の検討

ワイヤーハーネスの総延長はモデルSが3000m、モデル3が1500mあるが、FPC化することで100mとなり大幅な軽量化、品質向上、コストダウンが見込めると報告がある。

決算報告書にテスラの名前が出てくるのは関係があるのかな?

 

RD3000

自動車向け長尺FPC用ロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機RD3000を2019年12月に発表してます。連続露光可能なロールtoロール型シームレスレーザー直描露光機(R-LDI)の基本機能の開発が完了したことにより、新たな事業として取り組んでいます。2020年2月から受注を開始し、2021年期に出荷を開始する予定とあるが、未だに受注情報はありません。2020年12月にRD3000量産モデルを発表しています。この新型と工場増設から将来的なニーズがあると考えられるのかもしれません。

 

NEDO戦略的エネルギー技術革新プログラム」の採択

インスペックが採択を受けた「自動車向け省エネルギー効果を産むワイヤーハーネス代替部品の軽量化技術」の開発はRD3000を大幅に進化させ、2023年の上市を目指す。EV、HEV、PHEV、FCVなど今後急速に普及すると予想される自動車の軽量化および人による手作業生産から自動生産へのシフトにより省エネルギーに貢献する。

 

市場予測

自動車向けワイヤーハーネス市場において世界市場規模では5兆7千億円、日本規模では7200億円にもなります。ワイヤーハーネス10%がFPC化すると5700億円、必要な露光機は数百台以上にもなるとのことです。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

f:id:me-me-kabu-toushi:20201210171551j:plain

ここまでみてきてインスペックはRD3000が世界初の技術商品で2021年期に出荷予定とあるが2Qを過ぎても受注情報はありません。2023年にはさらに新型を出すのが目標みたいです。大丈夫なのか?と不安が積み重なっていきます。ここでは、他にわかることがないかみていきます。

①売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201210195413p:plain

出典:会社四季報 2020年4集

四季報より2020年4月期はコロナの影響もあり、落ち込んではいますが、来期から回復が見込まれています。特に2022年4月期ではEPSが2倍近くまで上昇しています。利益率の高いものを売らなければこの上昇はできないと考えられます。また、2020年4月から配当を出すようになっていますので、継続的な利益が見込まれています。これらのことから、RD3000の受注が示唆されます。そして、2022年4月期の業績から受注が反映されるのであれば、インスペックのRD3000が中長期戦略の1つという考えにも当てはまると思います。

次に、決算資料をみていきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201210215450p:plain

出典:インスペック 2021年4月期 第2四半期決算短信

ご覧の通り、前年同期と比較すると壊滅的な決算です。決算資料からは、海外案件において現地での受け入れ態勢が整っていないことなどによる納入遅延が発生とあり、これは3Qでも起こりうると考えられます。さらに、緊急事態宣言解除後、停滞していた中国企業向けの商談が再開するなど受注活動が持ち直してきているとあるが、海外渡航がしにくい現在まだまだ厳しいと考えられます。

2021年4月期の業績の進捗率を計算していきます。(×100は省略)

  • 売上高:956÷2400=39.8%
  • 営業利益:56÷170=32.9%
  • 経常利益:42÷130=32.3%
  • 当期純利益:34÷100=34%
  • EPS:9.12÷26.51=34.4%

進捗率をみて壊滅的にも関わらず、下方修正が出されませんでした。これは、RD3000の受注の自信があるということなのか、年内に改めて下方修正のIRを出すのかはわからない状況です。四季報の数値や海外情勢を鑑みると下方修正のリスクは大きいと思います。

また、以前紹介した3449 テクノフレックスも工期遅延や納入遅延により進捗率は低くても最初は業績修正しませんでしたが、後に下方修正を行いましたので、同様にインスペックも行う可能性は考えられます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

時価総額 

インスペック時価総額は90億2000万円(2020年12月10日)で小型に分類されます。

 

③配当を出している

2020年4月期から出しており、配当利回りは0.11%です。

 

④上場年

2006年6月にマザーズに上場。

 

⑤材料株か?

RD3000はインスペック固有で世界初の技術です。CAN-SLIMでは、驚くような新製品を市場に売り出すことが、企業の成功、ひいては株価の上昇に繋がるとしています。過去の例で言えば、マイクロソフト、グーグル、アップルがあげられます。

CAN-SLIMにつきましては、こちらの書籍で詳しく説明してあります。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201211002728p:plain

出典:Treading View

2020年はじめにRD3000受注思惑で急騰し、その後は受注もなくコロナショックにより暴落しました。そして、アナリストに取り上げられるたびに上昇するが、受注ないため下落しました。思惑だけでは上がるのにはもう限界があります。受注なければこのまま下落でしょう。最悪の展開はM&AされてRD3000があまり売れもせずに、その技術が他の会社に吸い取られてしまうことだと考えられます。

 

⑦注目度

アナリストに何度も取り上げられるだけあり、注目度はそれなりにあります。ただ、取り上げられる度に楽観的な書き込みが増え、最後は受注なく悲観的な書き込みが増えるの繰り返しが続いています。

 

時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201211110830j:plain

インスペックは現在PER約90倍と高い値にあります。しかし、受注思惑で株価6000円、受注ないため下値を探るような展開になっています。受注の有無で適正株価は上にも下にも評価できてしまう微妙な状態にあります。

続いて、貸借対照表をみていきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201211113814p:plain

出典:インスペック 2021年4月期 第2四半期決算短信

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

借入金と現金がほぼ同じです。これは、今の事業を回していくのに約10億円が必要ではないのかと推察できます。RD3000が受注なしでこの状態です。RD3000(1台5000~6000万円)を量産するのであれば、もっと多くの現金が必要になるのではないかと想定されるため、現状すぐには受注、生産となるのは難しいかと考えられます。

資産合計は約36億円、時価総額は約90億円かなり割高に評価されてしまっています。今後は、資産が増えてこの差が埋まるのか、時価総額が減ってしまうのか注目ポイントです。

*追記 2020年12月25日 IR発表

f:id:me-me-kabu-toushi:20201225221021p:plain

インスペックシンジケートローン契約締結を発表しました。こちらはRD3000受注増加に伴う運転資金に直結するとあります。さらに、下方修正の発表もなく、量産型の発表および1月のネプコンジャパンに出展されるため、いよいよ受注・生産がみえてきたという印象を受けます。コミットメント期間は1年あり2021年がインスペックにとってよい年になればと思います。

 

⑨PSRによる評価

インスペック時価総額は2020年12月20日では9,020百万円、2021年4月期の予想(下方修正なければ)は売上高は2,400百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:9,020÷2,400=3.75

よって、PSRに関しては2019年の市場平均が1.1だったため、平均よりは割高と言えます。下方修正あればもっと高くなります。

 

⑩社長が大事

会社のホームページでは今年、新しく更新されました。社長も動画説明やメッセージでしっかりとアピールされています。

 

最後に

ここまでいろいろみてきましたが、RD3000は2021年4月期に出荷を目指すと会社は掲げていますが、実際は海外のコロナ情勢も鑑みるとかなり厳しそうで、四季報でみたように2022年4月期に出荷をされるのではないかと示唆されます。

ただし、長尺のFPCの需要に関しては厳しいのではないかと思います。なぜなら、FPCはなくても現在、電気自動車や燃料電池車は販売されています。今すぐ絶対に必要というものではないのかもしれません。

また、ホームページや報告書類では「インスペックは○○という企業です。」という文言がありません。ユーザーや投資家が初めてインスペックのホームページをみてもなんの会社かわかりにくい感じがします。知っている人がみないと少しわかりにくいと思いました。さらに、財務関係のグラフが二次元や三次元が混ざってあり、ここもみにくいので二次元に統一した方がいいかと思いました。報告書では「当社は(R-LDI)の開発…」とあり()は不要で読みにくくなってしまっています。

細かいとこですが修正をして、RD3000の受注獲得をすれば株価もすごいことになるでしょう。

 

合わせて読みたい

半導体メーカーに真空配管を提供している企業としてテクノフレックスがあります。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

途中紹介しましたCAN-SLIMという成長株発掘法については、こちらの書籍で詳しく解説してあります。価格は他の書籍と比較すると高いですが、内容も充実しています。

 
公開:2020年12月11日

更新:2021年1月5日

続きを読む

【初心者にもわかる企業分析】7673 ダイコー通産、5G・GIGAスクール構想関連銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201205170531j:plain

ダイコー通産ってどんな企業?初めて聞いた名前、全然知らないよ。

このような方も多いと思うので、今回の記事では7673 ダイコー通産について今後の成長性も踏まえて分析していきます。

本記事の内容

 
最初は、僕もダイコー通産については全く知らない企業でした。santecを分析している際にたまたま見つけ、調べてみるとなかなか面白い企業だと思い、今回記事としてまとめることにしました。
 

ダイコー通産とはどんな企業?

ダイコー通算は、1975年創業、2019年3月に上場した企業です。主に、CATVならびに情報通信の分野において、国内外の高度な技術情報と高品質・低価格の商品を通信施工業者や電気通信事業にワンストップで提供しています。
事業は、移動体通信防災行政無線ネットワーク(LAN)関連CATV関連電話関連に展開をする専門商社を越える「越境商社」です。
今後の事業の方向性は、IoTやAIといった新たな技術革新を支える伝送路のデータ伝送量増加に対応するために、光伝送路構築やFTTH等の通信インフラ基盤の大容量化など、CATVと情報通信の世界は急速な変化に直面しており、対応する必要があります。
 
今後のCATV・情報通信分野のトレンド
  • 防災行政無線の普及→2022年デジタル方式へ完全移行
  • CATVのFTTH→4K8K放送・通信高速化に必要、整備が完了しているエリアもグレードアップやリプレイス工事が発生
  • 5Gシステム基地局の更新・増設が必須、2023年度末の全国のエリア化、高速無線環境整備事業に伴う光ケーブル網の敷設工事が発生
  • 都市再開発の通信インフラ整備→イベント会場やホテル等の設備需要、公衆無線LAN・監視カメラの整備
 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201205234511j:plain

今後のトピックスとしては、まず広島営業所の移転新設(2021年春竣工)、東京営業所・東京物流センターの新設(2021年5月期中に建設用地取得を計画)があり、さらなる事業拡大および効率化が測られます。これらのIR発表にも期待できます。
また、特徴的なのがGIGAスクール構想に向けた取り組みも行っています。GIGAスクール構想とは、「児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、多様な子どもたちを誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させる構想」です。令和2年度文部科学省補正予算案ではGIGAスクール構想の加速による学びの保証として2,292億円が組まれ、この構想実現のためには、ICT環境の整備や調達端末やLAN整備ローカル5Gの活用などが必要であり、ダイコー通産のビジネスと密接な関係にあります。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201206221227p:plain

出典:ダイコー通産 2021年5月期第1四半期 決算補足説明資料

そして、5Gの今後の展望は2023年度末の全国5G基盤展開率は98.0%となっています。この5G実現のためにはバックボーンとなる光ファイバの整備や基地局の増設、無線通信環境の構築が必要であり、ダイコー通算のビジネスと密接な関係にあります。つまり、2023年度末まで業績に影響を与える可能性が考えられます。

 

同業他社との比較

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130184047p:plain

光ファイバー関連31銘柄の時価総額と上場年月日です。以前のsantecの記事でも紹介しています。こちらの記事もあわせてご覧ください。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 この31銘柄の平均時価総額は、1兆1683億円です。そして、多くが1900年代に上場している老舗企業です。この中で、ダイコー通産は上場2年弱で時価総額は100億にもみたない企業です。また、この短い期間で東証一部にも昇格しており、成長性が見込める企業といえます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201130183914p:plain

5G関連デバイス世界市場規模予測 出典:矢野経済研究所

 5G事業の今後の成長性として、矢野経済研究所は2020年7月31日、5G関連デバイス世界市場の調査結果を発表しました。2020年の同市場規模はメーカー出荷金額ベースで11兆889億円となり、2030年には約6.3倍の69兆5930億円に達すると予測しています(同調査では5G関連デバイスとして回路、基板、主要部品、デバイス、材料、評価システムなどが対象)。

2020年は5Gサービスの本格展開が見込まれていたが、新型コロナウイルス感染症の影響により設備投資が遅れています。一方で、新しい生活様式の推進により従来になかった活用機会が見込まれるなどのプラス要因も発生しました。
 

GIGAスクール構想とは?

f:id:me-me-kabu-toushi:20201207165534j:plain

児童生徒のICT(情報通信技術)環境を整備し、デジタル端末1人1台の実現、校内Wi-Fiネットワークの整備を促進するGIGAスクール構想には、2019年度補正予算で2318億円が計上されました。その後、2020年度補正予算2292億円を計上し、家庭でのオンライン学習支援や、GIGAスクールサポーターの配置などが追加されましたが、デジタル端末の在庫不足で、21年3月末までに1人1台を配備することは困難になっています。デジタル教科書の導入も進まず、在宅学習の普及が危ぶまれています。

「経済財政運営と改革の基本方針2020」には、GIGAスクール構想を加速し、効果的な遠隔・オンライン教育の早期実現が、明記されています。GIGAスクール構想が2023年度末から20年度内に前倒しされ、児童生徒1人につき1台の学習用端末を配備するための予算が2292億円計上されています。このため全国で1000万台の端末特需が発生しますが、デジタル教材の普及も目覚ましいものがある。

ただし、計画を前倒しするので、拙速すぎや、財政負担の大きさが問題なります。さらにデジタル教材の整備に加え、セキュリティ関連も問題になると思われます。

 

テクニカル・ファンダメンタル分析

上記のことを踏まえて、ここから以下の記事の方法によりテクニカル・ファンダメンタル分析をみていきます。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

 

①売上および利益が成長している

f:id:me-me-kabu-toushi:20201207200219p:plain

出典:会社四季報 2020年4集

四季報の数値をみますと19年に一時売上が減少していますが、利益は持続的に成長しています。2022年の予想値と2017年の数値を比較すると売上は17500÷13514=約1.29倍、1株益は112.5÷79.3=約1.41倍と順調な成長が見込まれています。また、配当利回りも良く長期で保有すればインカムゲインも狙えます。

次に、2021年5月期 第1四半期決算短信をみていきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201207222130p:plain

出典:ダイコー通産 2021年5月期 第1四半期決算短信

経営成績に関しては、多種多様の商品をワンストップで提供可能な体制と、過去の大型案件受注により得たノウハウをお客様から評価していただき、FTTH案件や防災行政無線案件、GIGAスクール構想案件等を多数受注した結果から、好成績になったと説明があります。中でも、EPSが21.91円と前年同期比と比較し91.5%の成長をしています。ウィリアム・J・オニールが提唱するCAN-SLIMでは、株価が大きく上昇する直前の1~2四半期でのEPSの大幅な上昇があるとしています。ダイコー通産は、まだまだGIGAスクール構想や5Gによる需要から収益の伸びが予想されるため、今回の決算のEPSは株価上昇の1つのシグナルとして捉えることもできます。

CAN-SLIMにつきましては、こちらの書籍で詳しく説明してあります。

 

事業区分別の営業概況もみていきます。

f:id:me-me-kabu-toushi:20201207222542p:plain

出典:ダイコー通産 2021年5月期 第1四半期決算短信

事業区分別では東日本ブロックでは需要が増加しているにも関わらず成長が低いです。そのため、先にはなりますが、東京営業所・東京物流センターが新設されれば将来的な成長が見込まれます。

 

時価総額が小さい

時価総額は上記でも記載しましたが約75億円で、市場平均よりもかなり小さい小型企業です。

 

③配当を出している

配当は継続的に出しており予想配当利回り3.04%と高めです。

 

④上場10年以内

設立は1975年6月の上場は2019年3月のまだ若い企業です。

 

⑤材料株か?

5G関連GIGAスクール構想関連とまだまだ需要はあります。

 

⑥チャートパターン

f:id:me-me-kabu-toushi:20201208095529p:plain

出典:Treading View

チャートパターンは週足でみていきますと、コロナショック後より下値を切り上げながら上昇しています。2020年10月11月はカップウィズハンドルの取って部分を形成しているように見えます。出来高は上場時が高く、その後は一定です。2019年末からの大きい三角持ち合いを形成しており、レンジを抜けるためには出来高が必要だと思われます。

 

⑦注目度が低い銘柄

 レポートもIPO時のもので、TwitterYahooファイナンス掲示板でも書き込みも少ない注目度の低い銘柄です。

 

時価総額と企業本来の価格に解離がある銘柄

f:id:me-me-kabu-toushi:20201208101208j:plain

ダイコー通産は、四季報の数値からも堅調な成長が見込まれています。PERは予想値から10~11倍と割安にあります。PER15倍が標準値なので21年22年5月の適正株価を計算しますと次のようになります。

  • 21年5月:106.9×15=1603.5円
  • 22年5月:112.5×15=1687.5円

この値からも2020年12月7日の株価1345円は割安にあると言えます。

次に、2021年5月期 第1四半期決算短信から貸借対照表をみていきます。

 

f:id:me-me-kabu-toushi:20201208180631p:plain

貸借対照表から上記のような図が描けます。左側は流動資産、固定資産とその他を記載し、右側は純資産と負債を記載しています。

この表から、負債と純資産が半々になっていること、総資産の1/3は現金として保有していることがわかります。現金が多ければ経営の選択肢は増えていきます。また、資産合計が約120億円に対し、時価総額約75億円と割安な状態にあると言えます。

 

⑨PSRによる評価

ダイコー通産の時価総額は2020年12月8日では7,338百万円、2021年5月期の予想は売上高は16500百万円であるので、PSRは以下のようになります。

  • PSR:7,338÷16500=0.44

よって、PSRに関しては0.5以下になるため、割安といえます。

 

⑩社長が大事

会社のホームページをみるとトップメッセージはしっかりと作りこんであるのがわかります。上場の目的は、知名度の向上で、首都圏や東日本に注力すること。現状手薄なエリアは北関東や信越、南九州。人材を確保し次第増強する。拠点は2~3年に1ヵ所増やすのが理想的で、最終的には2~3県に1ヵ所は整備したい。西日本はそのぐらいの密度になっているが、東日本も同様の水準にしていきたいと述べています。

ブロック分けをすると四国・九州と西日本、東日本の売上高がそれほど変わらないため、市場規模を考えると、東日本に人材を投入すれば投入するほど数字は取れていくと考えられています。そのため、東京営業所・東京物流センターの新設は期待が持てます。

M&Aの方針は、過去に商圏を広げるために買収した2社は同業者でした。どこにも真似できない技術を持つベンチャーに初期段階から投資することも検討しているとのこと。貸借対照表から現金も多くあるため、今後M&Aも行えると考えられます。

成長戦略は、イベント需要の獲得です。直近では東京オリンピックパラリンピックや次世代通信規格5G基地局関連、CATVの全線光回線化などに対応していきます。個人宅内まで光回線になっているのは11%程度、幹線部分は半分程度。5Gについては、2020年に商用サービスを開始され、全国に波及するまでに時間がかかり、細く長く需要が出ると見られています。

配当政策は、非上場の状態から配当しており、配当性向30%を最低限維持するとのことです。株価に関しては利益を上げ、メーカー的な側面を増やし、PERを高めるなど独自性を出していきたいとのこと。PERはまだまだ低いのでIRなど株価対策に期待ができます。

これまで、東証二部に上場してから、株式分割立会外分売東証一部昇格などスピーディーに行ってきましたので、今後の成長に期待ができます。

 

最後に

ダイコー通産は、配当利回りが高いだけで、それ以外は10倍株、2倍株になる要件を満たしていて、割安な状態にあると言えます。社長も上場記者会見の際に述べたことを少しずつ実行されているのがわかります。今後は、ダイコー通産の活動が注目され、出来高の増加に伴い、株価が上昇したら面白くなってくると思います。

 

合わせて読みたい

同じ5G関連で光技術を提供する企業としてsantecがあります。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

投資初心者、これから投資を始める方におすすめな本3冊について解説しています。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

ファンダメンタル分析を勉強する際に役立つ本3冊を選びました。

me-me-kabu-toushi.hateblo.jp

途中紹介しましたCAN-SLIMという成長株発掘法については、こちらの書籍で詳しく解説してあります。価格は他の書籍と比較すると高いですが、内容も充実しています。

 

公開:2020年12月8日

更新:2021年1月5日

続きを読む